発達障害は保険に入れない?福祉課職員も知らなかったデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害の人は保険に入れない保険加入できない)という噂を聞いたことはありませんか。

発達障害の子供をお持ちの親御さんにとって、保険は将来の安心材料になりうる大切な要素ですが、実際にはどうなのか気になりますよね。

 

この記事では、

  • 発達障害の子供は保険に入れない(保険加入できない)のかどうかの実際がわかります。
  • 私が経験した市役所保健福祉課職員も知らなかった経験談をご紹介します。

発達障害は保険に入れない?福祉課職員も知らなかったデメリット

 

発達障害の家族や子供をお持ちの親御さんにとっては、発達障害当事者の将来は不安ですよね。

将来、就職できるのか、結婚できるのか、自立できるのか。

 

さまざまな不安がある中で、一つ本人の手助けとなるのがさまざまな保険です。

私たちも加入している医療保険や生命保険、もちろん発達障害本人にも加入してほしいと多くの方がお考えでしょう。

 

しかし、巷では発達障害の子供(人)は保険に入れない保険加入できない)という噂や情報があり、安心情報ともなりません。

 

私の経験上の答えは、発達障害の人は保険に入れないと(それだけの理由)いうことはありません

しかし、保険に入りにくくなることは(保険加入の選択肢は狭まります)事実です

 

保険に入りにくくなる理由

 

発達障害の有無が保険に入りにくくなるというのは、親としてはショックですよね。

保険会社が厳しいと感じるかもしれませんが、残念ながら事実で、私たち個人の力ではどうすることもできません。

 

保険会社は、会社の経営を長い期間続けていくためには、誰でも彼でも加入させるわけにはいきません。

将来健康上の問題がおきやすそうな人は、加入させず、ずっと病気をしない人が経営的には良いわけです。

 

しかし、誰しも将来どんな病気をするかどうかはわかりません。

そこで保険会社は、加入希望者に告知(健康状態の申告)を課しています。

 

タバコやお酒を毎日飲んでいる方や、健康診断ですでに引っかかっている人は病気になる可能性が高いので、保険会社としては加入を断るか、高い掛け金での加入とするわけです。

 

発達障害の子供ですでに何らかの薬を飲んでいたり、他の病気をもっている場合は別ですが、発達障害はあるものの体は健康という子がほとんどではないかと思います。

 

発達障害という要素だけで将来病気の可能性があるわけではありませんが、将来の自立が困難な可能性があるという点で考えれば、けがや事故のリスクは高いのか???と、無理矢理、自身を納得させるしかないのかもしれません。

 

私が経験した保健福祉課職員が知らなかった発達障害のデメリット

 

発達障害と診断されると保険に入りにくいということはあまり知られていません。

 

知られていない理由として、

 

  • 発達障害の認知度の低さ(最近は大人の発達障害などでだいぶ認知されてきた)
  • 保険は当事者の任意によるものなので行政もあまり踏み込めない
  • 本人や家族からの情報発信の少なさ

 

が考えられます。

 

これほど知られていないことを実感することを私は経験しています。

 

私の子供がまだ幼く(2〜3歳頃?)、発達障害の診断を受けていない時のことです。

若干の疑いがあったことから、市役所の保険福祉課職員が自宅を訪れたことがあります。

その際にいろいろな質問をしましたが、その中でずばり

 

「発達障害と診断されたり療育手帳を取得することでデメリットはありませんか?」

 

と聞いたところ

 

ありません。発達障害だからといって病気ではありませんし、療育手帳は手元に持っておくだけで必ずしも人に提示しないといけないわけでもありません。各種割引もあります」

 

と断言しました。

当時は私もあまり詳しくなかったので、それでいったん納得していましたが今となって考えれば、この職員の方はよく知らない方だったのかもしれませんねwww

 

後日保険加入を断る会社があったことを伝えると、

 

「え!?そうなんですか?知りませんでした・・・」

 

と、なんだかなぁお役所仕事っていうの?なんてやるせない気持ちになったのを覚えていますwww

 

「デメリットはないと言い切るなら、その後の利用者を追跡調査したりアンケートを取るなどして制度のデメリットを検証してその根拠を集めたらどうですか」

 

とドヤ顔で市役所を去って行きましたw

 

発達障害の子供や家族をもつ方しかその苦労の全てはわかりません。

私の子供は幸い軽度ですので、重度の方達の苦労の全てはわかり得ないと思いますが一人でも同じ境遇の方のお役に立てる情報をこれからも届けて行きたいと思います。

 

>>発達障害で保険に入れるための3つの方法と入れなかった時の対応方法

 

まとめ

この記事では、

  • 発達障害の子供(人)は保険に入れないということはないが入りにくくなることは事実
  • 保険加入できないことを知らない人は多い

ということについてお伝えしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*