発達障害の子供への加配とは?上手に加配の先生をつける3つの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害子供について加配という言葉をきいたことがありませんか?

他の子供と比べて活動に差がある場合に加配の先生が付いていると親としても安心して子供を預けることができます。

 

この記事を読むことで

  • 発達障害の子供の加配について基準など知ることができます。
  • 子供に加配の先生を付ける3つの手順が分かります。
  • 入学を控えた親御さんは加配の申請を間に合わせることで、子供のより良い学校生活を手に入れることができます。

 

発達障害の子供への加配とは?上手に加配の先生をつける3つの手順

発達障害子供は、加配と呼ばれる先生を付けてもらうことができます。

そして、この加配の先生を付けてもらうには医師への相談などいくつか手順があります。

 

発達障害の子供は幼稚園・保育園や小学校で集団生活を送る上で様々な困難があります。

加配の先生が付いているか付いていないかで、子供の成長は大きく変わってくるかもしれません。

 

加配とは?加配の基準


発達障害の子供を持つ親には聞きなれた「加配(かはい)」というワード。

一般の親御さんには耳慣れない言葉かもしれません。

 

加配とは

 

通常より教員を多く配置すること。生まれつきの発達障害などで、他児と同じように保育園の生活を送ることが難しい子に、配慮を加え、生活を支えること。

 

つまり、配慮を加えることを加配と呼ぶのです。

普通の子供と比べて、出来ないことが多い傾向の発達障害の子供にとって、専属サポーターの役割をしています。

 

加配の先生は何人でも付けられるわけではなく、一定の基準があり、認可保育園の場合は障害児3人につき1人が基準とされています。

しかし、最近は療育手帳を持たないグレーゾーンの子供や、親が発達障害児と認めないケースも多いことから、厳密に基準を、守ると園や学校生活が成り立たなくなるくらい先生たちの負担が増えてしまうという現実もあります。

 

>>子供が発達障害グレーゾーンになる理由と親に必要な3つの心構え

 

加配の先生を付けてもらう3つの手順


加配の先生はいつでもどこでもすくに付けてもらえるわけではありません。

 

上記の認可保育園の基準を見て分かる通り、基本的には発達障害と診断されていることが前提です。

そして、加配の先生を付けてもらうために必要な3つの手順があります。

 

①発達障害の診断を受ける

 

まずは発達障害の診断を専門の医師から受けて、その医師に相談するのがいいでしょう。

グレーゾーンの場合も、子供の状態によっては今後発達障害と診断される可能性がありますので、やはり医師へ相談しましょう。

 

②通わせる保育園・幼稚園や学校を探す

 

加配を付けて通わせたい保育園・幼稚園、学校を探します。

ポイントは加配を付けている子供が今現在通っているか、過去に通った実績があるのかです。

全く実績がない場合は、所属する先生たちも発達障害への理解が浅い可能性があります。

どこの学校が加配付きで通わせられるのかわからない場合は、教育委員会や保険福祉課などに相談してもいいでしょう。

 

③申請

 

自治体にもよりますが、私が住む自治体は学校の場合、秋ごろにはどこの学校に通うのか決定しなくてはなりません。

つまり、それまでに①〜②の手順は終えておかなければなりません。

うちは小学校入学時に加配を申請していました。

すでに小学5年生ですが、我が家が障害を包み隠さず学校生活を送らせている様子が響いたのか、年々支援学級へ入れる親が増えているような気がします。

加配を受けることで子供たちの困りごとが解消されるのなら利用しない手は無いと思います。

 

まとめ

 

この記事では

  • 発達障害の子供は加配の先生を付けられる
  • 加配には一定の条件があるがグレーゾーンの子供など問題点もある
  • 加配を付けるには診断、学校(園)の決定、申請の3つの手順となる

ということについてお伝えしました。

 

発達障害育児の先輩さん達のブログランキングはこちらです(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*