コカイン

【ラッパー】西田宣孝(ラ・ボーノ・カポ)の画像や歌詞は?コカインを購入逮捕(2019.4.11)

関西のラッパー、ラ・ボーノ・カポこと西田宣孝容疑者が、転売目的でコカインを購入し逮捕されたことが明らかになりました。

 

ラ・ボーノ・カポ(西田宣孝)の画像や歌を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




ラ・ボーノ・カポ(西田宣孝)が麻薬取締法違反で逮捕

関西でラッパーとして活動する、ラ・ボーノ・カポ西田宣孝)容疑者が暴力団組員から転売目的でコカインを購入したとして逮捕されたことが報じられました。

 

またしてもラッパーの逮捕に、世間の印象が悪くなってしまっては、正しく活動してるラッパーまで同じ目で見られてしまうことが懸念されます。

 

販売する目的でコカインを購入したなどとして、京都府警は11日、麻薬取締法違反(営利目的譲り受けなど)の疑いで、京都市下京区の音楽家、西田宣孝容疑者(40)ら男4人を逮捕したと発表した。西田容疑者は「ラ・ボーノ・カポ」を名乗り、ラッパーとして関西のクラブなどで活動していた。
また、西田容疑者らにコカインを販売したとして、同法違反(営利目的譲り渡し)の疑いで、指定暴力団住吉会系組員、岸野成利容疑者(35)=東京都目黒区=も逮捕した。
西田容疑者らの逮捕容疑は昨年4月、京都市中京区内にあるホテルの一室で、コカインの粉末約500グラム(末端価格約1千万円)を岸野容疑者から購入したとしている。
府警はいずれも認否を明らかにしていない。
西田容疑者ら購入した4人はすでに麻薬取締法違反罪で起訴されている。西田容疑者と岸野容疑者は知人関係で、西田容疑者と他の男3人も音楽を通じた知り合いだったという。府警は4人が譲り受けたコカインの販売ルートなどを捜査している。

<出典:産経新聞>

[adcode]

ラ・ボーノ・カポ(西田宣孝)の画像は?

 

麻薬取締法違反で逮捕された、ラ・ボーノ・カポ西田宣孝)容疑者は関西のクラブでラッパーとして活動しているとされています。

 

labonocapo(ラ・ボーノ・カポ)さんの画像はこちらです。

 

labonocapo(ラ・ボーノ・カポ)さんの画像(右の方)

 

いつもは丸メガネをかけているようですが、メガネなしでも迫力がありますね。

 

また、LIKE BENNY BLANCOという歌の歌詞がファンにより投稿されていますが、こちらもなかなかインパクトのある歌詞になっています。

 

広告




 

インスタストーリーでトラブル?

 

ネット上のラ・ボーノ・カポ(西田宣孝)容疑者のファンとみられる方々の間では、昨年末にラ・ボーノ・カポ(西田宣孝)容疑者が投稿したインスタストーリーが話題となりました。

 

マネージャーらに向けて非難する言葉を投稿し、何かトラブルがあったのではと物議を醸していました。

 

そのインスタストーリーのスクショ画像がこちらです。

 

 

今回の逮捕とは関係なさそうな気はしますが、コカインなど犯罪に手を染めてしまうと、自然と周囲のトラブルも増えてくるのかもしれません。

純粋に音楽を追求する、そんな音楽家の姿を望みたいものです。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【ピエール瀧】甥・ピエール畳の画像は?コカイン逮捕ツイート(2019.3.13)

電気グルーヴメンバーのピエール瀧容疑者がコカイン使用疑いで逮捕されたことで日本に激震が走っています。

 

甥でアーティストのピエール畳さんが、叔父の逮捕についてコメントを出していますが画像や関係を確認します。

 

広告




ピエール瀧逮捕を受けピエール畳(甥)がツイート

電気グルーヴのメンバー・ピエール瀧容疑者がコカイン使用の疑いで逮捕されたという衝撃のニュースが日本中に衝撃を与えています。

 

ピエール瀧容疑者といえば、電気グルーヴとしてミュージシャンの活動もさることながら、最近では役者としての活動が多く大河ドラマにも出演しておりその影響は大きいとかなり大きいといえます。

その中、甥でドラマーのピエール畳さんが叔父の逮捕にコメントを出しています。

 

電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51歳)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、瀧容疑者の甥でドラマーのピエール畳が3月13日、自身のTwitterで、「叔父がお騒がせしております」とツイートしている。

続けて、甥でありながら薬物との関係については、「何も知らなかった」というコメントも発信。

「甥でありながら何も知らなかったんですけど、、テクノとかのエレクトロニックミュージックって文化的背景に薬物が密接に関わってるものだから正直そこまで驚かないし、身体だけ心配です。(甥としての完璧なツイート)」

ピエール畳は、ロックバンド・凛として時雨のドラマーであるピエール中野に、“ピエール”を名乗りたいと相談したところ、Twitter上で電気グルーヴの石野卓球(51歳)に「ピエールバブルに乗っといたほうがいいよ! 2代目ピエール畳! 話題性十分! ピエール世襲制!!」と押し付けられて襲名した名前だという。“畳”は、電気グルーヴの前身バンドである「人生」時代の瀧容疑者のバンドネームだった。

<引用元:ナリナリドットコム>

 

【ピエール瀧】電気グルーヴ東京公演ライブは中止解散?ハイテンション画像(2019.3.13)

【画像】ピエール瀧コカイン使用逮捕に家族(美人妻・一人娘)は?(2019.3.13)

【撮り直し】映画「居眠り磐音」のピエール瀧代役は誰?宍戸文六役の転落ぶりが逮捕にダブっている?(2019.3.14)

[adcode]

 

ピエール畳の画像と関係は?

ピエール畳さんはピエール瀧さんのだとされていますが、ピエール瀧さんの兄弟・姉妹についてはこれまで情報が明かされておらず、どの関係になるのかは不明です。

 

 

またリプライでのやりとりでけんちゃんと呼ばれていることも確認できます。

 

 

ピエール畳という名前は、かつてピエール瀧さんも名乗っていた名前だけに今回の逮捕で注目が集まることは必至でしょう。

 

 

広告




 

テクノと薬物

 

レイブ(Rave)と呼ばれる大規模な音楽パーティーでは度々薬物問題が取りざたされています。

ピエール畳さんもこのような背景のことを言及しているのではないかと思います。

 

1980年代後半に当時の最新音楽のテクノと、ドラッグの流行が重なりレイブパーティーで使用される事件が増えてきたと言われていま。

 

日本では、

 

  • 2008年群馬県で催された複数のレイブパーティーで大麻所持で多くの逮捕
  • 同年6月に行われた同じレイブパーティーの参加者1人がその翌日に会場近くで倒れて3日後に死亡し、体内から薬物が検出
  • 2009年2月には山梨県の鳴沢村で行われたレイブパーティーの参加者6人が、同年8月には滋賀県高島市朽木地区でも参加者6人が麻薬所持容疑でそれぞれ逮捕

 

という事件が発生していますので、たしかにテクノ音楽と薬物は切っても切れない関係性があるようですが、今回のピエール瀧さんの逮捕はそれ以上の衝撃といえます。

 

 

広告