プリウス

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

4月に東京池袋で発生した死亡事故のプリウスを運転していた、飯塚幸三元院長が事故前に新車購入を検討していたことが明らかになりました。

 

購入を検討していた車は最新型のプリウスなのか、また、報道後、事故後の新車購入と勘違いしたと思われるネット上の炎上についても確認していきます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた

 

4月19日に発生した、池袋死亡事故で、事故車のプリウスを運転していた、元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が、事故前新車購入を検討していたことが明らかになりました。

 

飯塚幸三元院長は退院後の任意聴取でも自身の運転ミスではなく、プリウスの不調であったことを話しており、世間からは批判的な意見が相次いでいます。

あれだけの事故を起こせば、誰でも気分的に落ち込んでしまいそうで、仮にプリウスに原因があっても運転免許返納を考えそうですが、プリウスのトラブルであったことにかなりの自信があるのではないでしょうか。

 

 

東京・池袋で車が暴走し母子2人が死亡した事故で、車を運転していた元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意の事情聴取に「つえを使って歩いていたが、座れば足がふらつくことはなく、運転に影響はなかった」との趣旨の話をしていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、飯塚元院長は足を悪くして通院していたが運転免許を返納する考えはなく、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたという。

任意聴取では「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」とも説明。事故を起こしたことは認めたが、運転ミスを否定している。

<出典:共同通信>

 

 

[adcode]

 

飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた理由は?

 

飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた話は、捜査関係者からの情報として報じられてます。

 

実際に、ディーラーまで足を運んで選定していたかどうかは不明であり、漠然と頭の中で検討していただけかもしれません。

 

 

新車購入の理由についても不明ではありますが、考えられる理由としては、

 

  • 以前からプリウスのトラブルが多かったから
  • 長期間使用し、買い替えの時期だったから
  • 飯塚幸三元院長が気に入った車種が発売されたから
  • 車両のグレードアップ(又はグレードダウン)をしたかったから

 

等があげられます。

 

 

プリウスのトラブルはこちらも確認してください。

 

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

 

 

この事故をめぐっては、「上級国民」という言葉が話題となりましたが、これまでの経歴から比較的金銭的な余裕はある方なのではないかと推測されますが、

いわゆる「上級」な方ほど、まだ乗れる車を買い替えたりするものです。

 

 

また、検討している車(車両)についても明らかにはされていませんが、足の不自由さを考えれば、乗りなれたプリウスの再購入であった可能性も否定はできません。

 

 

事故を起こした現在、この新車購入の気持ちはどう変化したのでしょうか。

 

広告




 

事故前の新車購入検討が事故後と勘違いされネット炎上する

 

飯塚幸三元院長新車購入を検討していた報道がされる際に、複数のメディアでは「事故前に」という部分が伝えられず、報道を見聞きした人の多くが、池袋事故後に新車購入を検討していた事と勘違いしたと思われる意見やツイートが相次いでいます。

 

さすがに事故後に新車購入を検討していたとなると、さすがに一般感覚では理解に苦しみますが、スポニチは「事故前」と明記しています。

 

 

事故前と事故後では大きく印象が異なりますが、事故後と読み取った方々からは、

 

 

 

 

と、批判的な意見が出ていますが事故後かどうかが書かれていなかったため無理もありません。

 

この点に気付いている方も多く、

 

 

元記事を指摘する方もいます。

 

ただ、自信の運転ミスを認めないのが、事実に基づいているのか、プライドなのかはわかりませんが、認めない限りはいつか運転を再開するのでは?という点はやはり不安に感じます。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

東京・池袋で発生したプリウスの事故で、運転手・飯塚幸三さんは「アクセルが戻らなくなった」との供述をしていることが報じられました。

 

原因はアクセルの故障なのか、ネット上では意外と同様のアクセルトラブルや、各原因の画像が投稿されています。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








池袋事故でプリウスの「アクセルが戻らなくなった」

4月19日に池袋で発生したプリウス暴走多重事故で、運転手の飯塚幸三さんがアクセルが戻らなくなった旨の供述をしていることが報じられています。

 

過去にはアメリカでも同様のアクセルトラブルがニュースとなったこともあり、飯塚幸三さんの運転操作の問題だったのか、プリウスのアクセルになんらかの故障が発生していたのか、原因究明が待たれます。

 

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の都道で、「車が歩行者をはねた」と110番通報があった。警視庁によると、板橋区弥生町の無職の男(87)が運転する乗用車が赤信号を無視して約150メートルにわたって暴走、3カ所の横断歩道で歩行者ら7人をはねた。自転車で横断中の近くの無職、松永真菜(まな)さん(31)と後ろに乗っていた娘の莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡。衝突したごみ収集車の運転手を含め、90代から40代の男女6人が骨折などの重軽傷を負った。

男と、同乗の妻も病院に搬送。男は「アクセルが戻らなくなった」などと説明しており、警視庁が回復を待って詳しく事情を聴く。

警視庁によると、現場は片側2車線の交差点周辺。男は赤信号を無視して直進し、近接する2カ所の横断歩道で自転車2台をはねた。その後、左から来たごみ収集車と衝突。横滑りして、3カ所目の横断歩道で歩行者4人をはね、対向車線のトラックにぶつかり停車した。

乗用車のドライブレコーダーには事故前、男が、「危ないよ」と呼びかける妻に「どうしたんだろう」と話す音声が記録されていた。直後にガードパイプに接触、横断歩道に突っ込んでいったという。男は「持病はない」と説明している。

近くに住む男性会社員(43)は「現場には靴や買い物袋が散乱し、近くに原形をとどめていない自転車が倒れていた」と驚いた様子で話した。

<出典:産経新聞>

【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

 

広告




 

アクセル周りのトラブルは意外と多い?

 

池袋事故の報道が流れ、過去のアクセルトラブルやフロアマット画像原因となり得る情報を投稿している方もいらっしゃいます。

 

 

[adcode]

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

東京・池袋で発生した、プリウスとゴミ収集車による多重事故で、プリウスの運転手が事故について供述していることが明らかになってきました。

 

事故の瞬間の防犯カメラ映像(動画)と、事故の原因は、アクセルを踏みブレーキを踏まなかった運転機能の低下や認知機能の低下の関連はあるのか、確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








池袋事故で87歳運転手「アクセル戻らなくなった」

東京・池袋で発生した、プリウスとゴミ収集車、そして複数の歩行者を巻き込んだ多重事故で、プリウスを運転していた87歳の運転手が「アクセルが戻らなくなった」という旨の供述をしていることが明らかになりました。

 

この事故により意識不明の重体となっていた女性と子供の親子は死亡が確認されています。

 

警視庁によると、東京・池袋の事故で乗用車を運転していた87歳の男性は「アクセルが戻らなくなった」と説明している。

<出典:共同通信>

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

 

[adcode]

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

事故原因はアクセルを踏み続け、認知機能の低下?

事故を起こした運転手は複数の事故を起こし、ゴミ収集車に追突し停車したといいます。

 

事故の目撃者「おじいさんをはねた。ブレーキの音もしないままそのままの勢いでわずか数秒で、次の交差点まで行ってトラックにぶつかった。100キロくらいは出てるんじゃないかな」「悲鳴とも叫び声とも、あるいはわーという声が聞こえた」

事故を起こした乗用車は、87歳の男性が運転していて近くの交差点で1人をはねた後、現場の交差点に進入してゴミ収集車と衝突し、その際さらに歩行者をはねたという。

警視庁は死亡した2人の身元の確認を急ぐとともに、87歳の男性が赤信号を無視した可能性があるとみて、詳しい事故の状況を調べている。

<引用元:日テレニュース>

 

上記のように目撃者の話では100キロほどの猛スピードだったということですので、上述の供述内容と合わせると、原因は運転手がアクセルを踏み続け、ブレーキを踏む動作をしていない可能性も否定できません。

 

猛スピードで突っ込んだ結果がこの真っ二つ自転車でわかります。

 

 

信号無視や人をはねたことで、気が動転したりとさらにいろいろなことが重なり適切な動作ができなかったのではないかと思います。

 

また、NHKでは、ドライブレコーダーに残されていた、運転手と助手席の妻の会話についても明かし、

 

捜査関係者によりますと、車のドライブレコーダーには事故の前後のやり取りが残されていたということです。

それによりますと、乗用車はガードレールに接触する前にカーブをスピードを上げて走っていて、妻が「危ないよ、どうしたの?」と声をかけていました。

男性は「どうしたんだろう」と答えたものの、乗用車はその後もさらにスピードを上げていったということです。

その後、乗用車はガードレールに接触し、さらにスピードを上げて横断歩道を渡っていた親子などをはね、立て続けに事故を起こしたということです。

事故のあと、男性は救急車が到着するまでの間に息子に携帯電話で連絡していて、その際、「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」などと、動揺しながら話す音声が残されていたということです。

<引用元:NHKニュース>

 

としています。

 

年齢から考えると、とっさの認知機能がまるで働いていないと言われても、返す言葉もありません。

供述内容が原因の全てではないとは思いますが、若い親子が不慮の死亡となり、あまりに凄惨な事故となったことは残念でなりません。

 

広告




 

TBSでは防犯カメラ映像(動画)を公開

 

凄惨な事故と、高齢ドライバーの事故により女性と子供の命が失われてしまったことで、ネット上でも怒りと悲しみの声が多く挙がっています。

また、TBSニュースでは防犯カメラ映像(動画)を公開しており、その猛スピードぶりが確認できます。

 

防犯カメラの映像動画

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告