ポスター

【画像】秋田中央高校の文化祭ポスターを制作した生徒は誰?2016年福島高校の丸ごと盗作

秋田県立秋田中央高校の文化祭のポスターが福島高校のポスターの盗作であるとして、ネット上で批判を浴びています。

 

文化祭ポスター画像と、この盗作ポスターを作った(制作)したのは誰なのか確認しまう。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








秋田中央高校の文化祭ポスター画像が盗作

 

秋田県立の秋田中央高校文化祭ポスターが、2016年に製作された、福島高校の文化祭ポスターの盗作であるとしてネット上に拡散されています。

 

秋田中央高校の教頭は盗作であると考え、指導主事が福島高校へお詫びの電話をしたと言うことですが、昨今のネット社会で盗作を文化祭のポスターで発表することに抵抗は無かったのでしょうか。

担当者のチェックが甘くなったとはいえ、盗作でないか毎回ネット上で検索して確認する作業も困難化と思いますので、制作者のモラルに頼らざるを得ない部分もありそうです。

 

 

秋田県の県立高校で制作された文化祭のポスターが、福島県の県立高校の過去作品に酷似しているとツイッターで告発があり、騒ぎになっている。

秋田の高校は2019年6月11日、J-CASTニュースの取材に対し、「イラストがほぼ同じで、盗作に間違いないと考えた」と答えた。そのうえで、福島の高校に謝罪したうえでポスターをすべて回収したことを明らかにした。

ギターや風船、焼きそばなど文化祭らしいアイテムがちりばめられた空間に、高校生の男子と女子が向き合って浮かぶ――酷似が指摘されたポスターは、こんなカラフルなデザインだ。6月後半に行われる予定の文化祭を告知するものとなっている。

ところが6月6日にツイッター上で、2016年に制作された福島県の高校の文化祭ポスターと並べた画像が投稿され、盗作ではないのかと指摘された。

比較すると、男子と女子の制服の色やネクタイの有無などが違うだけで、後はほぼ同じだ。その後、10日になって、福島の高校で3年前にポスターを制作したと名乗る人がツイッター上で、高校の魅力が分かるように一生懸命に作ったのに盗作されてしまったと訴え、止めてほしいと怒りを露わにした。

このツイートは、1000件以上もリツイートされる反響を集め、同情する声が次々に寄せられている。

そこで、J-CASTニュースでは、双方の高校に対し、11日に取材して話を聞いた。

秋田の県立高校では、教頭が次のように取材に答えた。

「6月7日の朝に地域の人という匿名の男性から電話があり、今回のことは初めて知りました。担当者が確認したところ、イラストの絵がほぼ同じで、本校では、盗作に間違いないと考えました。貼ってあるポスターは、この日のうちに学校の職員が回収し、生徒指導主事が福島の高校の指導主事に電話してお詫びしました。大変申し訳なく思っており、再発防止に向けて全力を挙げたいと思っています」

11日昼過ぎ現在も、ポスター制作に関わった生徒への確認や調査をしており、生徒への必要な指導はしたいとしている。代替のポスターを作って、文化祭までには貼り出す予定だという。なぜ盗作に気付かなかったのかについては、「これまでは比較的いい出来だったので、担当者のチェックが甘くなってしまった」と話している。

一方、福島の高校では、教頭が取材対応し、秋田の高校の指導主事から連絡が来たとしたうえで、「今後そのようなことがないように注意してほしい」と話した。

<出典:J-CASTニュース

 

[adcode]

盗作された文化祭のポスター画像は?

盗作騒ぎとなったのは秋田中央高校です。

 

 

実際にネット上に拡散されたポスター画像はこちらです。

 

 

事前に了解を得ていないとすれば、たまたま似ているレベルではなくほぼ同じとしか言いようがありません。

色使いや文字が異なるだけでたまたま似ていたとは言いがたいでしょう。

 

制作したとするツイッターアカウントnacoさんも残念の一言に尽きるでしょう。

 

nacoさんが制作したポスターの学校・福島高校はこちらです。

 

 

文化祭は10日後に迫っており、代替のポスターの制作は間に合うのでしょうか。

 

広告




過去のポスター画像は?

 

秋田中央高校の過去のポスター画像はこちらです。

 

2017年学園祭ポスター画像

2016年学園祭ポスター画像

 

とっても素敵なポスターですね、それだけに今回の騒動は生徒たちにとっても残念でしょう。

 

盗作文化祭ポスターを制作した生徒は誰?

 

今回の盗作ポスターを作った人物について、秋田中央高校の教頭はインタビューで「生徒」、チェックに関わった「担当者」と表現しています。

 

一般的には美術部またはそれに類する部活動生や、絵の上手な生徒が担当することが多いと思います。

また、チェックは部の顧問の先生である可能性は高そうですがそれ以上は明らかになっていませんし、特定する必要も無いでしょう。

 

秋田中央高校のホームページでは美術部が存在しているようですが、絵を制作した人物が美術部員かどうかも不明です。

ただ美術部の生徒が関わっているにしても関わっていないにしても、絵に関する不祥事ということで、美術部の印象が傷つけられたことは言うまでもありません。

 

 

双方の高校でお詫びや再発防止の申し入れなどされているようですので、担当した生徒にはモラルに反しない部活動を心がけて、今後は他の高校に負けない素敵な作品を制作していって欲しいと思います。

 

そしてこの騒動を打ち消すようなすばらしい文化祭(学園祭)にしていって欲しいですね

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【渋谷区議選】橋本ゆき(仮面女子)初当選の理由は感動演説とポスター画像 現役時代との比較も(2019.4.22)

元アイドル・仮面女子メンバー「桜雪」こと、橋本ゆきさんが渋谷区議選挙で初当選をしました。

 

当選の理由となりえた、感動演説と清潔感あふれる圧倒的な好感度あふれるポスター画像、現役時代を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




橋本ゆきが渋谷区議選挙で初当選

 

アイドルグループ・仮面女子の元メンバーで、渋谷区議選挙に立候補していた橋本ゆき橋本侑樹)さんが、初当選を果たしたことが明らかになりました。

 

仮面女子といえば、昨年は同メンバー猪狩さんの大怪我など暗い話題も多かったですが、橋本さん曰く「20〜30代の議員がいない」渋谷区で若者の声を代弁できる議員になってほしいものです。

 

 

東京都渋谷区議選(定数34)は21日、投開票され、今年3月までアイドルグループ「仮面女子」で「桜雪」として活動していた橋本ゆき氏(26)が、初当選した。55人が出馬した激戦を乗り越え、政治家として第1歩を踏み出すことになった。

橋本氏は東大卒で元アイドルの異色の経歴をアピールしつつ、26歳の若い世代らしく、「学びと遊びがあふれる渋谷区にしたい」と、独自の政策を打ち出した。同区議の現職に20~30代がいないとして「多様性を訴える区政に、若い世代の声が反映されていない。私たちの未来に、政治はずっとついてくる。政治も新しくなるべきだ」とも訴えた。

挑戦のきっかけは昨年、同じグループの猪狩ともか(27)が、事故で車いすでの活動になったことだった。「障壁を乗り越えるまちづくりをしたい」と考える。「日本一、からみやすい政治家」という目標を踏まえて、街頭活動でも有権者の意見に、積極的に耳を傾けた。

投票日の21日は、母親の誕生日。心配をかけたという母に、「新しい夢への第1歩」をプレゼントすることもできた。今後は舞台から区政へと場を移して、新たな活動をスタートさせる。

<出典:日刊スポーツ>

 

[adcode]

 

橋本ゆきの街頭演説と選挙ポスターが好感度すぎる画像

橋本ゆきさんは初当選の理由を、自己分析では、

 

「誰よりも駅に立ったと思う。アイドルだから知名度で勝ったと言われそうですが、誰よりも地道な活動をしてきたと思う」

 

としています。

その分析通り、橋本ゆきさんの街頭演説に感動したとの声も確認できます。

 

 

一番大事なのは、今後の政治活動になりますが、元アイドルであったとしても演説で人の心を惹きつけられる話術があったのならそれは素晴らしいことですね。

区民に聞いてもらえなかったらスタートにすら立てないので、区民に伝わったという証明でしょう。

 

 

また、橋本ゆきさんといえば、その選挙ポスターも話題となりました。

AKB総選挙に負けない、その清潔感と爽やかさが、アイドルファンならずとも足を止めてしまいます。

 

そのポスター画像がこちらです。

 

広告




 

現役時代(桜雪)の画像は?

 

橋本ゆきさんは、仮面女子現役時代桜雪として活動していました。

 

現役時代の画像がこちらです。

 

 

 

初当選について応援の声も多く確認できます。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告