心不全

ヨースケ@HOME(宮内陽輔)のSOL時代の画像がかっこいい 急性心不全の原因は心筋梗塞?

モンパチのサポートメンバーとしても知られる、シンガーソングライターのヨースケ@HOMEさんが、急性心不全により37歳の若さで死去したことが明らかになりました。

 

死因でもある急性心不全になる原因や、SOL(school of lock)時代のかっこいい画像を確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








ヨースケ@HOMEが急性心不全により37歳の若さで死去

 

シンガーソングライターでモンパチことモンゴル800のサポートメンバーとしても知られる、ヨースケ@HOMEさん(宮内陽輔)が、37歳の若さで死去したという衝撃的なニュースが入ってきました。

 

ヨースケさんといえば、音楽やアレンジなどを手がけた映画が公開されたばかりで、亡くなった6月20日も普段と変わりない様子だったことが伝えられており、その急逝には言葉を失います。

ネット上でもSOL時代を懐かしむ声や突然の訃報に言葉を失っているという言葉がぴったりの投稿が多く確認できます。

 

5月に公開された映画「小さな恋のうた」で音楽、劇中歌アレンジ、楽器指導などを手掛けたミュージシャンのヨースケ@HOME(ヨースケアットホーム、本名・宮内陽輔=みやうち・ようすけ)さんが、急性心不全のため20日午前5時に亡くなったことが23日、分かった。この日、公式ブログで明かされた。37歳だった。葬儀は近親者のみで執り行うという。

公式ブログでは、スタッフがファンに訃報を報告。「(亡くなる)数時間前の2時過ぎまでいつものようにギターを弾き、思いっきり笑って過ごしていたと聞き、あまりに突然のできごとに、私たちも未だ現実を受け止められない状況です。きっと本人も、まだ自分に何が起きたのか理解していないかも知れません。彼が奏でてきた数え切れない程の音楽を、これからもずっと愛して頂くことができたら、彼にとってこの上ない喜びだと思います」とつづっている。

ヨースケさんは2008年にシングル「パノラマ」でメジャーデビューした。MONGOL800のサポートメンバーを務めているヨースケさんは、同バンドの代表曲からインスパイアされた映画「小さな恋のうた」では、本名の宮内陽輔名義で、佐野勇斗や山田杏奈、眞栄田郷敦ら出演者の楽器指導などを担当。先月、都内で行われた映画の公開記念舞台あいさつでは、ヨースケさんからの手紙がサプライズで読み上げられ、佐野らキャスト陣が涙ぐむ場面もあった。

<出典:スポーツ報知>

[adcode]

急性心不全になった原因は心筋梗塞?2時間前までギター

 

ヨースケさんの最後のツイッターは6月19日に投稿されています。

 

死亡したのは20日ですが、その日もいつもと変わりない様子だったことが、公式ブログでスタッフにより伝えられています。

 

ヨースケ@HOMEこと宮内陽輔が2019年6月20日午前5時、急性心不全のため永眠致しました。

生前のご厚情を深く感謝し、謹んでご報告申し上げます。

葬儀につきましてはご家族の意向を尊重し、近親者のみで執り行わせていただきます。

数時間前の2時過ぎまでいつものようにギターを弾き、思いっきり笑って過ごしていたと聞き、あまりに突然のできごとに、私たちも未だ現実を受け止められない状況です。

きっと本人も、まだ自分に何が起きたのか理解していないかも知れません。

彼が奏でてきた数え切れない程の音楽を、これからもずっと愛して頂くことができたら、彼にとってこの上ない喜びだと思います。

彼に代わってこのことばで締めくくらせていただきます。

ありがとう。

スタッフ一同

<引用元:公式ブログ>

 

ヨースケさんの死因は、急性心不全だとされています。

 

急性心不全とは、心臓の機能が正常に働かなくなった状態であり、急性とは突然発症したことを意味しています。

心不全になる原因としては複数考えられますが、代表的なものといえば、

 

  • 急性心筋梗塞
  • 致死性不整脈

 

がまず考えつきます。

特に発症してから死亡までの時間が短いことや、早朝に発症していることを考えると、心筋梗塞の可能性は濃厚かと考えられます。

芸能人に限ったことではありませんが、生活習慣病を一因として心筋梗塞を起こしやすくなるとは言われていますし、タバコが引き金になることもあると言われています。

 

ヨースケさんが喫煙者だったかっどうかは不明ですが、受動喫煙が心臓発作の引き金になることもゼロではありません。

 

いずれの原因だとしても、前兆はなかったのか、仕事上のストレスは溜まっていなかったのか若すぎるだけに悔やまれます。

 

広告




 

SOL時代の画像がかっこいい

 

ヨースケさんといえば、2007年に東京FMの人気ラジオ番組「SOL(school of lock)」で、「そしたら僕は旅にでかけよう」という楽曲が流されると同時に全国から注目を浴び、東京から沖縄までを自転車で旅しながら各地でストリートライブをしたことがあります。

 

翌年にCDデビューを果たすこととなり、当時を知るファンは多く懐かしむ間も無く悲しい知らせが来たことはショック以外の何物でもないでしょう。

 

SOLを経て、CDデビューした楽曲当時の画像(動画)はこちらです。

 

 

人懐っこそうな笑顔と、爽やかさがとてもかっこいいですね。

もうこの歌声が聴けないというのは残念としか言いようがありません。

 

 

ヨースケ@HOMEさんのご冥福をお祈りします。

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【死去】小出義雄の死因は心不全?家族(妻・子供)や高橋尚子のコメントは?ペースメーカーで医師に言われた一言(2019.4.24)

陸上競技で、高橋尚子選手らを育てあげた小出義雄さんが亡くなったとの訃報が入ってきました。

小出義男さんの死因は心不全なのか、残された家族について最近の画像など確認します。
この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




小出義雄さんが死去

シドニーオリンピックで、金メダリストの高橋尚子さんらを仕立て上げた指導者の、小出義雄さんが80歳で死去されたことが明らかになりました。
 

小出義雄さんと言えば、3月末に指導者としての一線を退く表明をしたばかりです。

その際にも自身の体調を考慮したとされていますがまさかこんなにも早い別れを変えるとは誰もが思っていなかったことでしょう。
 

陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんら数々の名選手を育成した小出義雄氏が24日、死去した。80歳だった。
<引用元: 共同通信>

[adcode]

小出義雄さんの死因は?

速報レベルでは小出義男さんの死因明らかにされていません。(追記参照)

ただ、上述のように3月末まで代表を務める佐倉アスリート倶楽部が、実業団ユニバーサルエンターテインメントと指導委託契約を結んでいましたので、自身の体調を考慮し第一線を退いたのでしょう。

日刊スポーツでは
 

近年は体調面の不安があり、入退院を繰り返していた。過去には心疾患の手術も受け、心臓にはペースメーカーを入れた。別の関係者によると4、5年前に医者から「心臓が悪いんだから、あまり動かないように。命がなくなるよ」と言われ、大好きな酒、タバコを断ったという。その後も、指導の現場へ十分に足を運べていなかった。
<引用元: 日刊スポーツ>

 

としており、心臓ペースメーカーを埋め込んでいたことや、医師から動かないように指示されていたことを考えれば心不全であった可能性は否定できません。

死因は今後発表になると思いますが、いずれにしてもあの笑顔にもう会えないのは残念です。

 

死因は肺炎・追記

 

小出義雄さんの死因肺炎であると発表されました。

 

お別れ会での高橋尚子さんらの涙を見ると、やはり偉大な指導者であり、慕われたかたであったんだとつくづく感じさせられます。

その人徳が表情ににじみ出ている方でしたね。

 

 

広告




 

小出義雄の家族(妻・子供)と高橋尚子は?

小出義雄さんの家族についても気になります。

小出義雄さんは1971年に、・啓子さんと結婚しています。

妻・啓子さんは、長生高校陸上部時代の教え子だったそうで、指導者と教え子の恋愛はスポーツ界ではしばしば聞かれますが、幸せだったのか3人の子供がいらっしゃるようです。

3人の子供はいずれもで、長女と三女の情報は不明ですが、次女・小出正子さんは元積水化学陸上部のランナーで、現在は、小出義雄さんと同じく佐倉アスリート倶楽部のスタッフとして後進の指導をしていたということですので、体調の変化も近くで見ていたことでしょう。

小出正子さんの画像はこちらです。

小出正子の画像
 

また、小出義雄さんと言えば高橋尚子さんの存在は欠かせません。

現段階では高橋尚子さんのコメントは出ていませんが、かつての恩師に対しては家族以上の想いがあることでしょう。
 

高橋尚子さんが小出義雄さんとどの程度親交が続いていたかは分かりませんが、先月も長野マラソンに元気に参加しており、さぞやショックを受けていることでしょう。

小出義雄さんこご冥福をお祈りします。
 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告