俳優の佐藤浩市さんが出演する映画『空母いぶき』のビックコミック内でのインタビューで、安倍総理を揶揄する発言があったとして炎上しています。
 

実際に紙面を読んだ方からは揶揄していないとの意見も多く出ておりネット上では大炎上しています。

 

本当に佐藤浩市さんは安倍総理を揶揄しているのか、難病である潰瘍性大腸炎について言及しているのか確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








佐藤浩市が安倍総理を揶揄し炎上?


 

俳優の佐藤浩市さんが自身が総理大臣役として出演する映画『空母いぶき』ついてのインタビューで炎上しています。

 

 

佐藤浩市さんが総理の設定として「すぐにお腹を下してしまう」設定を追加することを伝えたことをインタビューで明かしています。

 

これが安倍総理を揶揄し、安倍総理と同じ難病の方をバカにしているということが炎上の原因のようです。

 

 

 

俳優の佐藤浩市(58)が発売中の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されているインタビューで発言した内容が、インターネット上で物議を醸している。

 インタビューは佐藤が内閣総理大臣役で出演する映画「空母いぶき」(24日公開)に関する内容で、佐藤は総理大臣役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら引き受けました」とし「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹(なか)を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」と発言した。

 安倍晋三首相が難病の潰瘍性大腸炎を患っていることから、ネット上ではこの発言に対し、安倍首相を揶揄(やゆ)している」などの発言が相次いでいる。

 佐藤は13日、都内で映画「ザ・ファブル」完成披露試写会に出席する予定。発言が注目される。
<出典:>

[adcode]

安倍総理はお腹を下す?潰瘍性大腸炎


 

安倍総理は難病指定されている、潰瘍性大腸炎を患っている事は知られています。

 

第一次安倍内閣の2007年夏頃に、「潰瘍性大腸炎」の症状が再発し、突然の辞任になったとされています。

 

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症ができ、ただれや潰瘍ができることで下痢や血便などの症状が出ると言われています。

 

つまり実際に安倍総理はお腹下しやすい病気を患っていると言う事は事実です。

 

広告




 

佐藤浩市は揶揄している?


 

 

実際に掲載された佐藤浩市さんのインタビューは以下の通りです。

 

 


 

 

ご覧の通り、実際のインタビュー記事には安倍総理や潰瘍性大腸炎のことを指す具体的な言葉は発せられていません。

 

記者からの質問にだけ答えているだけのような気もしますが実際に記事を読んだ方の中には揶揄していないとする見方の方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

佐藤浩市さん本人からの言葉で真意を確認したいところですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告