池袋

【池袋】平和通りのシーツ圧縮袋事件のホテルの場所と犯人の画像は?『事故物件だらけ』『全然平和じゃない』

池袋1丁目平和通りホテルで、女性がふとん圧縮袋に入れられた上に、シーツに包まれて死亡しているのが発見される事件が発生しました。

 

事件のあったホテルの場所と、逃走したとみられる犯人画像や特徴、女性の身元について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

続きを読む

【池袋】ベンツ暴走事故の動画と1つの目撃ツイート 女性警察官『エンジンを切ってください!』

池袋駅東口で、またしても高齢者ドライバーによるベンツ事故が発生しました。

 

事故動画がユーチューブにすでに投稿されており、その動画から女性警察官が叫び制止している様子や騒然としてる様子が伺えます。

事故の動画や画像、気になるドライバーに関する目撃ツイートも確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

続きを読む

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

東京・池袋で発生したプリウスの事故で、運転手・飯塚幸三さんは「アクセルが戻らなくなった」との供述をしていることが報じられました。

 

原因はアクセルの故障なのか、ネット上では意外と同様のアクセルトラブルや、各原因の画像が投稿されています。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








池袋事故でプリウスの「アクセルが戻らなくなった」

4月19日に池袋で発生したプリウス暴走多重事故で、運転手の飯塚幸三さんがアクセルが戻らなくなった旨の供述をしていることが報じられています。

 

過去にはアメリカでも同様のアクセルトラブルがニュースとなったこともあり、飯塚幸三さんの運転操作の問題だったのか、プリウスのアクセルになんらかの故障が発生していたのか、原因究明が待たれます。

 

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の都道で、「車が歩行者をはねた」と110番通報があった。警視庁によると、板橋区弥生町の無職の男(87)が運転する乗用車が赤信号を無視して約150メートルにわたって暴走、3カ所の横断歩道で歩行者ら7人をはねた。自転車で横断中の近くの無職、松永真菜(まな)さん(31)と後ろに乗っていた娘の莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡。衝突したごみ収集車の運転手を含め、90代から40代の男女6人が骨折などの重軽傷を負った。

男と、同乗の妻も病院に搬送。男は「アクセルが戻らなくなった」などと説明しており、警視庁が回復を待って詳しく事情を聴く。

警視庁によると、現場は片側2車線の交差点周辺。男は赤信号を無視して直進し、近接する2カ所の横断歩道で自転車2台をはねた。その後、左から来たごみ収集車と衝突。横滑りして、3カ所目の横断歩道で歩行者4人をはね、対向車線のトラックにぶつかり停車した。

乗用車のドライブレコーダーには事故前、男が、「危ないよ」と呼びかける妻に「どうしたんだろう」と話す音声が記録されていた。直後にガードパイプに接触、横断歩道に突っ込んでいったという。男は「持病はない」と説明している。

近くに住む男性会社員(43)は「現場には靴や買い物袋が散乱し、近くに原形をとどめていない自転車が倒れていた」と驚いた様子で話した。

<出典:産経新聞>

【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

 

広告




 

アクセル周りのトラブルは意外と多い?

 

池袋事故の報道が流れ、過去のアクセルトラブルやフロアマット画像原因となり得る情報を投稿している方もいらっしゃいます。

 

 

[adcode]

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

親子の死亡が確認された池袋事故で、プリウスを運転していたのは87歳の飯塚幸三さん(クボタ元副社長)であることが報じられました。

 

飯塚幸三さんが事故を起こした場所の6枚の画像を時系列で確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








プリウスを運転していたのは飯塚幸三さん(元クボタ副社長)

4月19日に池袋で発生したプリウスの暴走多重事故で、運転していたのは元クボタ副社長の飯塚幸三さんであるとメディアで報じられました。

 

最近は実名報道が伏せられがちで、報じられたことで家族や親族への誹謗中傷被害が心配されますが、自身も運転を心配していたようで今回の事故が悔やまれます。

 

東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。男性は「事故を心配していた。ショックです」。飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。関係者によると、飯塚さんは旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

目撃者は事故前後の様子を証言した。

午後0時20分すぎ、近くの自動車販売店に勤務する女性(24)は、「キーッ」というタイヤと路面がこすれるような音を聞いた。店内からガラス越しに、シルバーの乗用車が走っていくのが見えた。「警察にでも追われているのかと思うほど、スピードが出ていた」

近くに住む会社役員の男性(26)によると、乗用車はごみ収集車と衝突し、2~3メートルはね飛ばされた。区内の美容師の女性(33)は飯塚さんについて「運転席から救急隊員が2人がかりで引っ張り出していた」と語った。両脇を抱えられながら力なく歩いていたが、意識ははっきりしているように見えたという。

現場近くにいた千葉県松戸市の団体職員の男性(39)は、道路上で複数の人が負傷し、交差点の真ん中で幼い子どもが自転車の後部座席に収まった状態のまま倒れているのを見た。自転車は真っ二つに壊れていたという。「事故の衝撃で吹き飛ばされたんだと思う。自分にも同じ年頃の子がいる。言葉にならない」と話した。

<出典:朝日新聞デジタル>

【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

[adcode]

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

事故を起こした場所の画像を時系列に

 

飯塚幸三さんが起こした事故は6回(6カ所)になります。(朝日新聞デジタル画像を元に)

その現場を6枚の画像で確認します。

 

1 ガードパイプに衝突(この付近か)

 

 

2 自転車の乗った男性をはねる

 

 

3 自転車の母子をはねる(死亡)

 

 

4 ゴミ収集車と衝突

 

 

5 歩行者4人をはねる

 

 

6 トラックにぶつかり停止

 


時系列で確認すると、その事故の現場の広さがわかり異常事態であることが再認識できます。

 

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

広告




 

ネット上には怒りの声も多数

 

飯塚幸三さんは、元クボタ副社長だけでなく輝かしい経歴もあると報じられていますが、その経歴とはあまりにもギャップがありすぎる今回の事故に、ネット上では厳罰を求める声も少なくありませんが、まずは事故の原因がなんなのか。警察の調べを待つしかなさそうです。

 

[adcode]

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

東京・池袋で発生した、プリウスとゴミ収集車による多重事故で、プリウスの運転手が事故について供述していることが明らかになってきました。

 

事故の瞬間の防犯カメラ映像(動画)と、事故の原因は、アクセルを踏みブレーキを踏まなかった運転機能の低下や認知機能の低下の関連はあるのか、確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








池袋事故で87歳運転手「アクセル戻らなくなった」

東京・池袋で発生した、プリウスとゴミ収集車、そして複数の歩行者を巻き込んだ多重事故で、プリウスを運転していた87歳の運転手が「アクセルが戻らなくなった」という旨の供述をしていることが明らかになりました。

 

この事故により意識不明の重体となっていた女性と子供の親子は死亡が確認されています。

 

警視庁によると、東京・池袋の事故で乗用車を運転していた87歳の男性は「アクセルが戻らなくなった」と説明している。

<出典:共同通信>

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

 

[adcode]

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

事故原因はアクセルを踏み続け、認知機能の低下?

事故を起こした運転手は複数の事故を起こし、ゴミ収集車に追突し停車したといいます。

 

事故の目撃者「おじいさんをはねた。ブレーキの音もしないままそのままの勢いでわずか数秒で、次の交差点まで行ってトラックにぶつかった。100キロくらいは出てるんじゃないかな」「悲鳴とも叫び声とも、あるいはわーという声が聞こえた」

事故を起こした乗用車は、87歳の男性が運転していて近くの交差点で1人をはねた後、現場の交差点に進入してゴミ収集車と衝突し、その際さらに歩行者をはねたという。

警視庁は死亡した2人の身元の確認を急ぐとともに、87歳の男性が赤信号を無視した可能性があるとみて、詳しい事故の状況を調べている。

<引用元:日テレニュース>

 

上記のように目撃者の話では100キロほどの猛スピードだったということですので、上述の供述内容と合わせると、原因は運転手がアクセルを踏み続け、ブレーキを踏む動作をしていない可能性も否定できません。

 

猛スピードで突っ込んだ結果がこの真っ二つ自転車でわかります。

 

 

信号無視や人をはねたことで、気が動転したりとさらにいろいろなことが重なり適切な動作ができなかったのではないかと思います。

 

また、NHKでは、ドライブレコーダーに残されていた、運転手と助手席の妻の会話についても明かし、

 

捜査関係者によりますと、車のドライブレコーダーには事故の前後のやり取りが残されていたということです。

それによりますと、乗用車はガードレールに接触する前にカーブをスピードを上げて走っていて、妻が「危ないよ、どうしたの?」と声をかけていました。

男性は「どうしたんだろう」と答えたものの、乗用車はその後もさらにスピードを上げていったということです。

その後、乗用車はガードレールに接触し、さらにスピードを上げて横断歩道を渡っていた親子などをはね、立て続けに事故を起こしたということです。

事故のあと、男性は救急車が到着するまでの間に息子に携帯電話で連絡していて、その際、「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」などと、動揺しながら話す音声が残されていたということです。

<引用元:NHKニュース>

 

としています。

 

年齢から考えると、とっさの認知機能がまるで働いていないと言われても、返す言葉もありません。

供述内容が原因の全てではないとは思いますが、若い親子が不慮の死亡となり、あまりに凄惨な事故となったことは残念でなりません。

 

広告




 

TBSでは防犯カメラ映像(動画)を公開

 

凄惨な事故と、高齢ドライバーの事故により女性と子供の命が失われてしまったことで、ネット上でも怒りと悲しみの声が多く挙がっています。

また、TBSニュースでは防犯カメラ映像(動画)を公開しており、その猛スピードぶりが確認できます。

 

防犯カメラの映像動画

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告