犯人

【悠仁さま】机刃物事件犯人の複雑な時系列逃走経路とホテルは?リレー方式で逮捕(2019.4.29)

秋篠宮悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件で、京都府の50台の男(犯人)が逮捕されました。

 

犯人の移動手段(逃走経路)や、逮捕されたホテルについて時系列で確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




悠仁さまの机に刃物置いた事件の犯人逮捕される

 

改元直前に発生した、秋篠宮悠仁さまに何者かが刃物を置いた事件で、京都府内に住む50代の男(犯人)が逮捕されました。

 

犯行動機や画像などは今後、徐々に警察の調べによって判明・公開されていくでしょうが、とりあえず逮捕されて良かったです。

令和改元直前の事件だっただけに、学校関係者のみならず、心配していた方も多かったのではないでしょうか。

 

 

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)に何者かが侵入し、悠仁さまの机の上に刃物が置かれているのが見つかった事件で、警視庁捜査1課は29日、事件に関与した疑いが強まったとして、建造物侵入容疑で、京都府内に住む50代の男を逮捕した。

捜査関係者によると、防犯カメラの画像などから男が浮上。中学校近くの地下鉄の駅のカメラによく似た人物が写っていたことから、カメラ画像をたどるなどして移動経路を特定した。29日夜、神奈川県平塚市内で身柄を確保した。

事件は26日昼ごろに発覚。刃の部分がピンク色に塗られた果物ナイフのような2本の刃物が、アルミ製の棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれているのを教員が見つけた。

悠仁さまのクラスは当時、授業で教室を外しており、無人だった。悠仁さまやほかの生徒にけがはなかった。校内の複数の防犯カメラに同日昼前、ヘルメットをかぶり、上下青色っぽい作業着風の服を着た男が写っていた。

<出典:産経新聞>

 

[adcode]

犯人の移動ルートや逃走経路が複雑

逮捕された犯人は京都府在住の50代の男とされています。

 

事件が発生したのは4月26日で、事件が明らかになったのは27日でしたので警察がすでに捜査を始めていたと思われます。

改元までに何としても逮捕しなければ警視庁としてのメンツがかかっていたといっても過言ではないでしょう。

 

 

不思議なのは、逮捕された犯人移動手段逃走経路です。

 

産経新聞では、

 

 捜査関係者によると、防犯カメラの画像などから男が浮上。中学校近くの地下鉄の駅のカメラによく似た人物が写っていたことから、カメラ画像をたどるなどして移動経路を特定した。29日夜、神奈川県平塚市内で身柄を確保した。

 

警視庁捜査1課は校内の防犯カメラに写っていた作業員風の男が関与したとの見方を強め、カメラ画像を移動方向にたどる「リレー方式」と呼ばれる捜査で足取りを追跡、男の居場所を突き止めた。

学校側からの通報を受けた同課が校内の防犯カメラを確認したところ、26日昼前、ヘルメットをかぶった作業員風の不審な男がうろつく様子が確認された。「この男が関与した可能性が高い」。捜査幹部は当初からこのような見方を示し、男の足取りを追うことに初動捜査の重点が置かれた。

同課などは、学校周辺の駅などの防犯カメラ画像を収集。逃走経路を調べたところ、地下鉄の駅の防犯カメラには、作業着と異なる衣服を身に付けているものの、不審な男と背格好のよく似た人物が写り込んでいた。同課は男が逃走のために着替えた可能性があるとみている。

その後も移動先の防犯カメラ画像をたどり、目撃情報や交通機関の移動記録などと照合するなどして、男が滞在していた神奈川県平塚市内のホテルを特定した。

<引用元:産経新聞>

 

としています。

 

犯人は京都府在住です。

 

 

そして、中学校近くの地下鉄の防犯カメラに似た人物を特定していたとありますので、東京メトロの茗荷谷駅か護国寺駅の可能性が高そうです。

車ではなく公共の交通機関を利用していたのも意外です。

 

 

そして、身柄を確保されたのが京都府内ではなく、神奈川県平塚市内のホテルに滞在していたとされています。

 

 

事件発生時から報じられているように、中学校へは工事関係者のような格好で侵入しており、すべてこの犯行のために行動(移動・逃走)していたのでしょうか。

仮にそうだとすれば、その行動力や考えは異様で常人には理解しがたいところです。

 

 

逮捕されたホテルの場所についても現在は公開されていません。

こちらも徐々に明らかになっていくことでしょう。

 

いずれにしても、迅速な逮捕には安心の一言です。

 

広告




 

 

 

[adcode]

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【画像】寝屋川市・ロープ殺人未遂事件の市道とスーパーの場所、犯人画像は?(2019.4.29)

大阪府寝屋川市の市道にロープが張られ、ミニバイクの女性が転倒・骨折する事件が発生しました。

 

ロープが張られた市道とスーパーの場所と画像、犯人画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








寝屋川市・市道にロープが張られてバイク女性転倒

 

大阪府寝屋川市市道ロープが張られ(くくりつけられ)、通りかかった女性が転倒し骨折する事故が発生しました。

 

道路にロープや紐などをくくりつけて発生した事故のニュースは当ブログでも過去に紹介していますが、その危険性を顧みない悪質な殺人未遂事件として、今回の犯人も一刻も早く逮捕してほしいものです。

 

 

29日午前2時半ごろ、大阪府寝屋川市成田南町の市道で、同市の新聞配達アルバイトの女性(77)がミニバイクで転倒し、左脚などを骨折する重傷を負った。幅約6.7メートルの道路にナイロン製のロープが張られており、引っ掛かったとみられる。寝屋川署は悪質ないたずらとみて、殺人未遂容疑などで捜査している。

署によると、ロープはスーパーの駐車場敷地内にある鉄製ポールから道路の向かい側にある理髪店のサインポールを折り返し、再び元の鉄製ポールに結び付けてあった。スーパーの営業時間外に駐車場の出入りを規制するために使用されていたものとみられる。

女性は出勤途中だった。

<出典:共同通信>

 

 

[adcode]

 

ロープが張られた市道(現場)の場所と画像は?

上記記事によれば、ロープがくくりつけられていた場所は、大阪府寝屋川市成田南町市道だとされています。

 

 

上記地図の通り、住宅街で入り組んだ道路であることが確認できます。

女性が運転するバイクが転倒したロープは、

 

ロープはスーパーの駐車場敷地内にある鉄製ポールから道路の向かい側にある理髪店のサインポールを折り返し、再び元の鉄製ポールに結び付けてあった

 

とのことから、成田南町のスーパーと理髪店を探してみると、マルヤス成田南店が該当しそうです。

 

 

マルヤスの南側に理髪店も確認でき、グーグルストリートビューでも駐車場の出入りを規制するロープの画像が確認できるのでこのロープをわざわざ解いて理髪店のサインポールにくくった可能性がありそうです。

 

 

広告




 

犯人の名前や画像は?

 

現在までに、ロープをくくりつけた犯人の情報は明らかになっておらず、名前や画像も確認できません。

 

防犯カメラなどに映っている可能性はありそうですので、警察の調べと犯人逮捕を待つしかなさそうです。

 

[adcode]

 

犯人は私立高校に通う高校生2人、逮捕・追記

 

事件から3日経過し、近くに住む私立高校生2人が犯人として逮捕されました。

 

先月29日、大阪 寝屋川市の道路にロープが張られ、ミニバイクに乗っていた高齢の女性が転倒して大けがをした事件で、警察は、市内の16歳の男子高校生2人を殺人未遂などの疑いで逮捕しました。調べに対し、いたずら目的にロープを張ったことは認めているものの、殺意については否認しているということです。

先月29日の未明、大阪 寝屋川市成田南町で、ミニバイクで新聞配達の仕事に向かっていた77歳の女性が、道路に張られたロープにひっかかって転倒し、足の骨を折る大けがをしました。

この事件で警察は、近くの防犯カメラの映像などから市内の16歳の男子高校生2人を殺人未遂などの疑いで逮捕しました。

警察のこれまでの調べで、道路に面した駐車場の入り口のポールどうしを結んでいたロープが片方だけほどかれ、向かい側にある理髪店の看板との間に道路をまたぐようにくくりつけられていたことがわかっています。

警察によりますと、2人は現場から少し離れた所で女性が転倒する様子を見ていたということで、調べに対し「転んだ人を見て楽しもうと思った」などと供述しているということです。

一方、いずれも「人を殺すつもりはなかった」と、殺意については否認しているということです。

<出典:NHKニュース>

 

殺意を否認しているようですが、本心であれば車両が通って転倒する危険性が認識できていないということの表れでしょう。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【悠仁さま】包丁を置いた犯人や内通者となり得る3人の人物像 校内で着替えた?(2019.4.27)

秋篠宮悠仁さまの通うお茶の水女子大付属中学校の、悠仁さまの机の上に包丁のような刃物が2本置かれていたという物騒な事件が発生しました。

 

犯人になり得る3人の人物の可能性と、犯行動機を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




悠仁さまの机に包丁が2本置かれる

秋篠宮悠仁さまが通う、お茶の水女子大付属中学校の悠仁さまの机の上に包丁のような刃物が2本置かれるという物騒な事件が発生しました。

 

発生したのは、4月26日の授業中で幸いにも悠仁さまは教室外の授業のためいなかったということです。

捜査関係者によれば、工事業者風の男が犯人とみられていますが、その格好はかえって校内では目立ちそうな気もします。

 

 

秋篠宮家の長男悠仁さまが通われている「お茶の水女子大付属中学校」(東京都文京区)で26日、悠仁さまの教室の席に包丁2本が置かれていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。防犯カメラの映像などから、何者かが学校に侵入したとみられる。警視庁は建造物侵入容疑で捜査を始めるとともに警備態勢を強化する。

捜査関係者によると、防犯カメラにはヘルメットをかぶった工事業者風の不審な男が映っていた。同庁はこの男が包丁を机に置いたとみている。当時は教室の外で授業が行われており、教室は無人だった。

悠仁さまは4月、お茶の水女子大付属小学校から中学校に内部進学した。8日の入学式では、秋篠宮ご夫妻が見守る中、新入生代表としてあいさつした。

連休中には皇位継承に伴う一連の儀式が控えており、同庁は警戒を強化することにしている。

<出典:毎日新聞>

 

警視庁によると、悠仁さまの中学校に侵入する姿が防犯カメラ画像に写っていた男は、ヘルメットをかぶり、青色っぽい上下の姿だった。工事業者を装い侵入した可能性があり、同庁が調べている。

<出典:共同通信>

 

[adcode]

 

犯人や内通者となりうる3人の人物

警視庁によると、犯人と思われる人物は、

 

  • ヘルメット
  • 上下青っぽい服装

 

だったとされており、無断侵入を怪しまれないように変装していたことは容易に想像できます。

 

これ以上の情報は発表されていませんが、悠仁さまの机を特定して包丁を置いた可能性が高く、教室や机の場所を知っていた可能性と、その時間が悠仁さまの教室に誰もいないことを知っていた可能性が高いです。

 

これができそうな人物というと、

 

  • 学校職員(教師を含む)
  • 保護者
  • 学校に出入りできる業者

 

と3人の人物像が思い浮かばれます。

 

また、上述のようにヘルメットと青い服だと、逃げる際の姿が防犯カメラ等に写っていると思いますが、その点については報じられていません。

仮に確認できていないのならいくら悠仁さまが教室にいなかったとはいえ、校内では目立ちますので、校内のどこかで別の服装(校内に溶け込める服装)に着替えていることも考えられます。

いずれにしても用意周到なことは間違い無いでしょう。

 

 

そして、この犯行を一人で行うことができるのは、学校職員となりますが、それ以外の人物となると、悠仁さまの机の場所や不在の時間割などを教えた内通者の存在も否定できません。

 

皇室の方とはいえまだ子供ですから、この連休中の警備を強化しておいてほしいと思います。

 

机の位置を座席表やテープで知る?・追記

 

さらに公開された情報によりますと、犯人は教室内に貼られていた座席表や机に貼られていたテープ(名前が書かれていた?)で、机の位置を認識した可能性がありそうです。

 

秋篠宮家の長男悠仁さまが通うお茶の水女子大付属中(東京都文京区)で、悠仁さまの机付近に刃物2本が置かれていた事件で、生徒の机に名前を書いたテープが貼られていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。刃の部分はピンク色に塗られていた。テープを見て悠仁さまの席を把握した可能性があり、警視庁が建造物侵入容疑などで捜査している。

捜査関係者によると、当初、包丁とみられていた刃物は果物ナイフのようなもので、柄の部分に棒が粘着テープで巻き付けられ、悠仁さまの机と隣の机に渡すように置かれていた。

刃物は26日午後に見つかった。教室の外で授業があり無人だったという。

<出典:共同通信>

 

置かれた刃物は包丁ではなく果物ナイフで刃がピンク色に塗られ、柄には棒が括り付けられ、隣の席と渡すように置かれていたということです。

普通では無い犯行であることは間違いありませんが、一刻も早く犯人の確保を願いたいものです。

 

広告




 

犯行動機は改元がらみ?

 

犯人が用意周到なことは一目瞭然ですが、犯行動機も気になります。

 

10連休前の犯行ということで、当然「改元」に反対する考えの持ち主が考えられます。

秋篠宮夫妻が祝賀パレードに参列することはすでに発表されていますので、改元ではなく、秋篠宮家に何らかの思いがあっての犯行もありえそうです。

 

【画像】新天皇祝賀パレードのルートに秋篠宮様夫妻車列が加わる 『耳を疑うニュース』の声も

 

退位の日と即位の日に何事もなく新しい令和の時代を迎えることができるように祈りたいと思います。

 

[adcode]

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【動画】出水市高尾野町・女子中学生傷害事件の犯人逃走先は熊本県?(2019.4.26)

鹿児島県出水市高尾野町で、女子中学生が男に襲われる傷害事件(通り魔)が発生しました。

 

事件現場や、逃げた男の特徴や逃走先は熊本県なのか画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




鹿児島県出水市高尾野町で女子中学生が男に襲われる傷害事件

4月26日朝、鹿児島県出水市高尾野町女子中学生が男に襲われケガをする傷害事件が発生しました。

襲った犯人は現在も逃走中で、女子中学生は命に別状はなく搬送時にも会話できていたという事ですので、大事には至っていないと思われます。

鹿児島・出水市で26日朝、中学生とみられる少女がけがをしているのが見つかった。

警察は、傷害容疑事件として捜査している。

警察などによると、26日午前7時半ごろ、出水市高尾野町で「中学1年の女子生徒が誰かに襲われ、頭から血を流している」と、近くを通りかかった人から消防に通報があった。

警察や消防が現場に駆けつけたところ、中学生とみられる少女が血を流していて、少女は病院に運ばれたが意識はあるという。

警察は、何者かが少女にけがをさせた可能性があるとみて、傷害容疑事件として捜査している。
<引用元: FNNニュース>

[adcode]

事件現場(場所)はどこ?

 

事件現場となったのは、鹿児島県出水市高尾野町とされています。

 

テレビニュースで報じられている画像や動画からは、非常にのどかな環境で、また、生け垣が多く植えられていますので死角が多い場所のように感じます。

 

現場の動画はこちらです。

 

 

 

 

動画から近くを路線バスが通っていることも確認できます。県道からわずかな場所でこのような事件が発生し、女子中学生も今後通学に不安を感じてしまいそうです。

広告




 

逃げた犯人の画像や逃走先は熊本県?

警察は緊急配備をしているとされていますが、12時現在、犯人は捕まっていません。(追記あり)

 

また、犯人の手がかりとなる特徴や画像も明らかにされておらず唯一の情報は、県外へ逃走した可能性が高いと言う事だけです。

出水市は、熊本県との県境の街でもありますので犯人の逃走先熊本県に逃走したと言うことになりそうです。

 

犯行の動機等も気になりますがまずは、犯人の確保を全力で行ってほしいものです。

 

犯人が熊本県内で確保される・追記

 

警察は、現場から車で逃走した男の行方を捜査していましたが、熊本県内で事件に関与したとみられる男を発見し、事情を聴いたところ、犯行を認める趣旨の供述をしたということです。警察は、この男を任意同行して調べを進めています。

<引用元:TBSニュース>

 

警察の迅速な追跡・捜査で同日中に犯人の男が確保されました。

 

犯人は20代の男ということで、警察が調べを進めています。

わいせつ目的との情報もあり、犯行動機があったのか報じられるのを待つしかなさそうですが、とにかく良かったです。

 

毎日新聞によれば、

 

26日午前7時20分ごろ、鹿児島県出水市の路上で「女子中学生が襲われ血を流している」と通行人の男性から119番があった。女子中学生は頭にけがをしているが、命に別条はない。県警は現場から逃走した男を熊本県内で見つけ、同日夜、強制わいせつ致傷の容疑で逮捕した。

逮捕されたのは、熊本県津奈木町福浜、養鶏作業員、長浜雄介容疑者(23)。県警によると、容疑を認めているという。

女子中学生は登校中で、県警によると「(容疑者と)面識はない」と話している。頭部に数カ所の切り傷があり、搬送先の病院で頭を縫うなど治療を受けたという。関係者は「石で殴られたと聞いた」と話した。

事件を目撃し、女子中学生を救助した男性(69)によると、男性が近所をパトロールしていたところ、通学路に中学生用のかばんや小型のナイフが落ちており、近くの駐車場に熊本ナンバーの軽乗用車がドアを開けたまま止まっていた。不審に思った男性が近くで男と女子中学生を発見。男性は「見知らぬ男が女子中学生を襲っていたので『何しよっとか』と叫んだら、男はあわててナイフを拾って車で逃げた」という。

ナンバーを記憶していた男性は警察に通報。「女子中学生は『血が、血が』と動転していた」と話し、救助した際に付いたとみられる女子中学生の血が、男性の上着やズボンにも付着していた。男性は「中学生の心の傷も心配。早くケアをしてほしい」と語った。

現場は市中心部から離れた静かな集落の一角。近くに住む女性は「普段、外部の人が入ってくるような場所ではなく、こんな事件が起きた実感が湧かない」と声を震わせた。

<出典:毎日新聞>

 

男性の勇敢な行動が、最悪の事態を免れたと言っても過言ではないでしょう。

 

しかし、血を流していたことに動転していた女子中学生が深く傷ついていることも心配です。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【大東市深野3】針金が張られた遊歩道の場所と犯人画像は?5本束ねて計画的?(2019.4.14)

大阪府大東市深野の遊歩道で遊歩道に針金が張られて、通りかかった人がけがをする傷害事件が発生しました。

 

針金が張られていた遊歩道の場所と、犯人の画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




大阪府大東市深野の遊歩道に針金が張られる事件

大阪府大東市深野遊歩道針金が張られて、通行した人がけがをする傷害事件が発生しました。

 

道路を遮るようにした同様の事件としては、昨年12月に相模原市でも発生しており、通りかかった原付バイクが接触し点灯する事件が発生しています。

 

【相模原市南区相模台】ロープが括られた場所と画像はローソン横?殺人未遂事件として犯人の行方『ホント怖すぎる』

 

動機は不明ですが、5本束ねて括られていたということですので、計画的な犯行の可能性が高そうな気がします。

 

13日午後8時20分ごろ、大阪府大東市深野の遊歩道で、自転車で帰宅していた同市の会社員の男性(56)が、遊歩道を遮るように張られていた針金に接触し、右手の人さし指に軽傷を負った。

現場周辺の防犯カメラには被害の約7分前、白い上着に紺色のズボン、紺と白の靴を履き、レジ袋のようなものを持った短髪の不審な人物が映っており、大阪府警四條畷署が傷害容疑で捜査している。

同署によると、針金は太さ約1ミリのものが5本束ねられ、遊歩道の出入り口にある柵と柵の間(幅約1・6メートル)に、地上から約1メートルの高さで張られていた。男性が接触した際、片方の結び目が外れ、男性は軽傷で済んだとみられる。

<出典:産経新聞>

 

[adcode]

針金が張られた遊歩道の場所は?

針金が張られた遊歩道は、大阪府大東市深野3の遊歩道だとされています。

 

 

現在までにどこの遊歩道なのかははっきりと報じられていませんが、遊歩道のわずかな柵の間に張られていたということですから、

いたずら目的だった可能性も否定できません。

 

広告




 

犯人の画像は?

 

これまでに報じられている犯人の特徴をまとめると、

 

  • 白い上着
  • 紺色のズボン
  • 紺と白の靴
  • レジ袋のようなものを持っていた
  • 短髪

 

とされています。

男性のような印象を受けますが、現在までに犯人画像など公開されていません。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告