相手

【カテリナ・シニアコバ 】大坂なおみが負けた対戦相手は誰?笑顔の画像がかわいい 全仏オープン

テニスの全仏オープンで、世界女王の大坂なおみ選手が負ける番狂わせの試合がありました。

 

大坂なおみ選手が負けた対戦相手・カテリナ・シニアコ選手のかわいい画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








大坂なおみが全仏オープンでカテリナ・シニアコバに負ける

 

パリで行われた、全仏オープン3回戦で、世界女王でもある大坂なおみ選手が負け(敗れ)、4大大会3連覇は絶たれてしまう結果となりました。

 

対戦相手カテリナ・シニアコバ選手は世界ランク42位であり、大坂なおみ選手に凡ミスが多かったとはいえ、カテリナ・シニアコバ選手にとっては大金星となりました。

勝ったカテリナ・シニアコバ選手とはどんな選手なのでしょうか。

 

テニスの全仏オープンは1日、パリ・ローランギャロスで女子シングルス3回戦が行われ、第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は世界42位のカテリナ・シニアコバ(23=チェコ)と対戦し、4―6、2―6でまさかのストレート負け。初の16強入りを逃し、昨夏の全米、1月の全豪に続く4大大会3連覇はならなかった。

第1セット序盤は順調な試合運びを見せていた大坂。しかし、なかなかブレークを奪えずにいると、4―4で迎えた第9ゲームでシニアコバにブレークを奪われる。続く第10ゲームをキープされ、第1セットを4―6で落とした。

第2セットも第5ゲームで先にブレークを許す苦しい展開に。第7ゲームでもミスが目立ち、2つ目のブレークを奪われて万事休す。調子をつかめないまま、まさかのストレート負けで初の4回戦進出を逃した。

しかし、大坂は今大会後も世界ランキング1位を維持することが確定している。

<出典:スポニチ>

 

[adcode]

大坂なおみが負けた対戦相手 カテリナ・シニアコバとは?

この投稿をInstagramで見る

Fight! 💪🏻 thank you Paris for your support!!!

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

 

国籍 :チェコ
出身地 :フラデツ・クラーロヴェー
生年月日 :1996年5月10日(23歳)
身長 :174cm
体重 :69kg
利き手: 右
バックハンド :両手打ち
デビュー年: 2012年
ツアー通算 :4勝
シングルス :2勝
ダブルス :2勝
生涯獲得賞金 :4,746,923 USドル
<引用元:ウィキペディア>

 

カテリナ・シニアコバ選手はチェコ出身の23歳の若い選手です。

シングル成績はこれまで大きな結果は残しておらず、今回大坂なおみ選手に勝った全仏オープンも2015年から2017年までは1回線敗退となっており、特に4大大会に限っては結果は残していません。

 

2017年の開幕戦の深圳オープンで決勝に進出し、決勝ではアリソン・リスクを破りツアー初優勝を果たしています。この際に世界ランクが自己最高の36位となっています。

 

 

しかし、ダブルスになると

 

  • 全仏 優勝(2018)
  • 全英 優勝(2018)
  • 全米 準優勝(2017)

 

とめっぽう強く、2018年10月に世界ランク1位になっています。

よほど、パートナーとの連携がしっかりしているのか、ダブルスの試合の相性が良いのかもしれません。

一度成績が出ると大きな自信につながっているのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

The Second Grand Slam Title 🏆 Thanks everyone for your support and believing in us during all the way at #Wimbledon 2018 🔥

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

 

今後はダブルスの勢いは保ちつつ、大坂なおみ選手に勝った勢いと自信でステップアップしていってほしいですね!

 

広告




 

カテリナ・シニアコバの笑顔がかわいい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sparkling @att.investments 💎

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

 

カテリナ・シニアコバ選手は当然ながら試合中は厳しい表情でプレーしていますが、試合が終わればチェコの方独特なクールで爽やかな笑顔が可愛いのが印象的な方です。

 

カテリナ・シニアコバ選手のインスタでもそのかわいい笑顔の画像がたくさん確認できます。

 

この投稿をInstagramで見る

When in Rome there is absolutely no way you can escape dessert 😬☺️😋🤷‍♀️

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

👉🏻Let’s dance 💃🏼I am sooo far of how it should look like 😬🤦🏼‍♀️😁 thanks to @tanecni_sector for lessons ✌🏻☺️

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Time to relax 🌊☀️🏝

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Draw draw draw time 🎯 #PragueOpen 📸: Pavel Lebeda @sportpics.cz

Katerina Siniakovaさん(@siniakovakaterina)がシェアした投稿 –

 

アスリートですので、体型はガッチリ系ですがその笑顔がかわいいですね。

大坂なおみが負けた相手・カテリナ・シニアコバ選手を応援していきましょう。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【ミポリン】中山美穂がR18+映画『108』でラブシーン画像や相手ダンサー役(俳優)は誰?

ミポリンこと中山美穂さんが、松尾スズキさんのR18+指定映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』でラブシーンを演じることになりました。

 

中山美穂さんの貴重なラブシーンの画像や、相手俳優は誰なのか確認していきます。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








中山美穂がR18+映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』でラブシーン

 

女優の中山美穂さんが、松尾スズキさんが監督を務めるR18+指定の映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』で、ラブシーンを演じていることが明らかになりました。

 

現在49歳とはいえその美貌はいまだ健在です。

往年のファンにとってはミポリンのラブシーンをR18+指定の映画で見る日が来ることは予想だにしてなかったのではないでしょうか。

 

 

中山美穂(49)が、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ(56)が監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(今秋公開)に出演することが15日、分かった。18歳未満の入場、鑑賞を禁止する「R18+」指定の作品で、中山にとって初の「R18+」作品。ベッドシーンなど大胆なラブシーンに挑戦した。

中山は、松尾演じる主人公の妻で元女優役。熱を上げる年下ダンサーとのツーショットをSNSにアップしたことで、夫が激怒することが発端。離婚で財産を半分取られると知った夫が、妻の投稿に寄せられた108の「いいね ! 」と同じ数だけ女性を抱き、資産を使い切ろうともくろむ物語だ。中山は身も心もダンサーに奪われるさまを、大人の魅力で熱演している。

中山は、以前から親交があった松尾に、出演を自ら志願したという。「松尾監督がこの作品を構想中のころ、とっさに私にやらせて下さいと申し出てしまったのです」と明かした。

中山が志願した時は、映画が実現するかどうか不明だったそうだが、昨年9月から10月にかけて撮影が行われた。中山は「楽しくてしかたのない現場でした。とにかく笑える内容です。そして切ない。私にやらせていただけたことに感謝しています」と現場の充実ぶりを振り返り、出来上がりに自信を見せた。

ほかに岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCoらが出演する。

<出典:日刊スポーツ>

 

 

[adcode]

中山美穂のラブシーンの画像はある?

 

中山美穂さんがラブシーンを演じた映画は、今年の秋公開予定ということで現在までにラブシーンの動画やワンショット画像などは公開されていません。

 

しかし、鑑賞後のお客さんからは拍手が起きていて中山美穂さんも

 

「安心しました」

 

と言っていたようですので、ファンが驚愕するような、中山美穂像を壊しかねない大胆演技をしていた可能性もあるのではないでしょうか。

その不安と拍手への安心のギャップからでた言葉なのかもしれません。

 

 

ラブシーンといえば、かつてWOWOWの連続ドラマ「賢者の愛」で竜星涼さんとキスシーンやラブシーンを演じています。

 

今回はそれを超える演技になっていることでしょう。

 

 

賢者の愛での中山美穂キスシーン(予告編)動画

 

広告




 

中山美穂のラブシーンの相手役(俳優)は誰?

 

中山美穂さんが映画の中でラブシーンを演じる相手役(俳優)も気になります。

 

あらすじ上、

 

“108”それは、煩悩の数―。もとい、ある男が妻への復讐として、全財産を使って抱く女の数である。名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をFacebookの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考える海馬であったが、財産分与で資産の半分を慰謝料で支払わなければならないことを知り大激怒。“不貞”の妻に慰謝料で支払わなければならない1,000万円を、自分の“不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻のFacebookの浮気投稿についた、108もの“いいね!” に湧き上がる猛烈な怒り。その数を目標に女を買いまくる、肉慾(よく)全開、前代未聞の復讐劇が幕を開ける―。

<引用元:https://filmaga.filmarks.com/articles/2405/映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ・キャスト・原作情報【松尾スズキ、自身監督作“初”主演!】>

 

と、ダンサー(ドクタースネーク)役が中山美穂さんの相手のようです。

 

現時点ではドクタースネーク役が誰かは明かされていませんが、明かされている男性キャストとしては、

 

  • 岩井秀人さん
  • 大東駿介さん
  • 栗原類さん

 

の名前が上がっていますので、この3人の誰かである可能性はありそうです。

 

情報解禁まで楽しみに待ちましょう。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【競泳】萱原茂樹の画像とパワハラ相手は誰?短水路世界選手権でコーチ務める(2019.4.23)

競泳日本代表でコーチも務める萱原茂樹さんが、選手に対してパワハラ・暴言があったとして、コーチ資格停止処分を受けたことがわかりました。

 

萱原茂樹さんの画像と、パワハラを行なった相手選手は誰なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




萱原茂樹コーチがパワハラで処分

競泳日本代表で、コーチも務める萱原茂樹さんが選手に対し、パワハラ・暴言があったとしてコーチ資格停止処分を受けていたことが明らかになりました。

 

競泳といえば、池江璃花子さんの白血病など暗いニュースもあっただけに、競泳会にとっては痛恨の不祥事と言えるでしょう。また、競泳に限らず、スポーツ界のパワハラ問題は一昨年から途絶えることなく続いており、東京五輪までに指導体制など改善していってほしいものです。

 

 

日本水連が、競泳日本代表でコーチ経験がある神奈川・アリーナつきみ野スポーツクラブの萱原(かやはら)茂樹コーチ(45)に3年間のコーチ資格停止処分を下していることが22日、分かった。同クラブ内でのパワハラ、暴言などが理由。同コーチは、代表常連の女子自由形の青木智美を長年にわたって指導しており、昨年12月の短水路世界選手権(中国)では日本代表選手団のコーチも務めた。

問題の発端は昨年末だった。同クラブの複数の保護者が、同コーチが選手にパワーハラスメント、暴言などを行ったとして日本スポーツ協会に相談した。関係者は「日本水連が対応にあたりました」と話す。

同協会から報告を受けた日本水連は即座に弁護士らによる第三者委員会を立ち上げ、関係者への聴取を行った。そして同コーチの言動が、倫理規定第6条の「役職員等及び登録者等は暴力、パワー・ハラスメント、セクシュアル・ハラスメント、差別及びドーピング等薬物乱用などの不適切な行為を絶対に行ってはならない」に抵触すると判断し、3月に3年間の資格停止を通達。20年東京五輪期間中を含む処分に、パワハラなどに厳しく対処する日本水連の姿勢が表れている。

同コーチは、日本水連主催の大会では関係者エリアに入れない。今月の日本選手権でもプールサイドなどで指導はできず、一般スタンドから観戦した。一方で処分への不服申し立てを申請しており、今後は第三者委員会で再調査が行われる見通し。結果次第では、処分の内容が変更となる可能性も残されている。

<出典:日刊スポーツ>

 

 

[adcode]

 

萱原茂樹コーチの画像は?

 

萱原茂樹コーチは、アリーナつきみ野スポーツクラブに所属しています。

 

萱原茂樹コーチの画像はこちらです。

 

萱原茂樹コーチ画像(右)

 

情報はあまり多くはないですが、日本水泳連盟で(公財)日本水泳連盟・競泳強化スタッフを担当しています。

後述の短水路世界選手権ではヘッドコーチを務めるなど実力は申し分ないところです。

 

広告




 

パワハラ相手選手は誰?

 

萱原茂樹コーチがパワハラを行なった相手選手は、上記日刊スポーツの記事内容からすると、コーチを担当しているジュニア選手の可能性が高そうですが、現時点では相手選手ははっきりと明らかになってはいません。

 

昨年12月の短水路世界選手権(中国)では日本代表選手団のコーチも務めた。問題の発端は昨年末だった。同クラブの複数の保護者が、同コーチが選手にパワーハラスメント、暴言などを行ったとして日本スポーツ協会に相談した。関係者は「日本水連が対応にあたりました」と話す

 

との記述から、杭州で行われた短水路選手権が問題の発端だった可能性は否定できませんが、この大会ではなく通常の練習だった可能性も考えられるでしょう(追記参照)

 

 

参考までに第14回 世界水泳選手権大会(25m)杭州 日本代表一覧は以下の通りです。

 

【選手】
中村 克 イトマン東進
松井 浩亮 新潟医療福祉大学職員/新潟医療福祉大学SC
関 海哉 日本大学(1年)/東京ドルフィンクラブ
吉田 冬優 三菱養和スイムスクール/明治大学(3年)
入江 陵介 イトマン東進
江戸 勇馬 (株)八神製作所
松原 颯 全日本空輸(株)
小関 也朱篤 ミキハウス
新山 政樹 自衛隊体育学校
渡辺 隼斗 自衛隊体育学校
高橋 幸大 ラフィネ
川本 武史 トヨタ自動車(株)
安江 貴哉 新東工業(株)
井田 憲吾 自衛隊体育学校
瀬戸 大也 全日本空輸(株)/JSS毛呂山スイミングスクール
矢島 優也 スウィン大宮スイミングスクール/明治大学(4年)
藤森 太将 (株)木下グループホールディングス
藤森 丈晴 ミキハウス/SPEED0 SWIM CLUB
竹内 智哉 早稲田大学(2年)/ヨコハマスイミングクラブ
佐藤 綾 新潟医療福祉大学職員/新潟医療福祉大学SC
青木 智美 あいおいニッセイ同和損害保険(株)/アリーナつきみ野SC
五十嵐 千尋 (株)テイクアンドギヴ・ニーズ/JSS
後藤 真由子 JakedEliteTeam/神奈川大学SC
森山 幸美 日本体育大学(4年)/SWANS SPORTS CLUB
竹村 幸 イトマンスイミングスクール
諸貫 瑛美 ミキハウス
赤瀬 紗也香 ANAエアポートサービス/JSS
寺村 美穂 セントラルスポーツ
渡部 香生子 JSSスイミングスクール立石/早稲田大学(4年)
今井 月 豊川高等学校(3年)
高橋 美帆 ミキハウス
相馬 あい 中京大学(3年)
平山 友貴奈 茨城県競技力向上対策本部
長谷川 涼香 フィットネスクラブ東京ドーム/日本大学(1年)
小林 奈央 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
大本 里佳 イトマンスイミングスクール/中央大学(3年)
清水 咲子 ミキハウス

<引用元:http://swimmingview.net/news/maingame/2018hangzhou_swimming-championships-25m/181031.html>

 

パワハラ訴えは8月でいじめから守った可能性・追記

 

神奈川新聞(カナロコ)によれば、パワハラの訴えがあったのは2018年8月と報じられました。

これにより、上記の12月の選手権大会ではないということがはっきりしました。

 

昨年8月、県水泳連盟へ相談に訪れた選手の保護者の訴えで発覚。県水連が同クラブ所属の高校生ら複数人に聞き取り調査を行ったところ、「試合で記録が悪いと頬をたたかれた」「長い時間立たされ、説教された」「ストップウオッチを投げつけられた」などのパワハラ行為が確認されたという。

県水連は同10月末、萱原コーチに県内での2年間のコーチ資格停止を通達。同連盟幹部は「暴力的な教え方は、いまの時代では成り立たない。これ以上起きないようにしなければ」と話した。

事態を重く見た日本水連も第三者委員会を設けて調査に着手。ことし3月に3年間のコーチ資格停止処分を決めたが、同コーチが不服申し立てを申請し、処分はまだ確定していない。

一方、萱原コーチはこの日、神奈川新聞の取材に応じ、クラブ内で選手間にいじめ問題が起きていたことを理由に「いじめに遭った選手を守った中での出来事で、事実と異なる点が多々ある。不服申し立ての審査会にも証拠を提出した」と反論した。

<引用元:神奈川新聞>

 

上記では、いじめ問題があったこととそれらから選手を守る家庭での出来事であった可能性がありそうです。

本人や関係者、第三者委員会でじっくりと真偽を確かにしてほしいものです。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【流出】寺沢武一の不適切ツイッタースクショ画像 相手はアシスタント女性か韓国人?(2019.4.3)

漫画『コブラ』の作者で知られる漫画家の寺沢武一さんのツイッターで、寺沢武一さん自身と見られる不適切画像(下半身裸?)が流出する騒ぎが発生しました。
 

 
流出し画像や相手は誰なのか確認します。
 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








寺沢武一(コブラ漫画家)の不適切画像流出


 

 
漫画家・寺沢武一さんのツイッター上で、不適切画像が流出するトラブルが発生し、スタッフがツイッターを、管理する事態となっています。
 

 

 
寺沢武一さんといえば漫画『コブラ』の作者として知られており、芸能界でもコブラと同じ格好をした、カズレーザーさんが新元号「令和」と本名が似ているということで、奇しくも同時期に話題となっています。
 

 

SF漫画「コブラ」などで知られる漫画家寺沢武一氏のツイッターで、不謹慎画像などが流出し、スタッフが当該ツイートを削除する騒動があった。
寺沢プロダクションは3日、寺沢氏のツイッターアカウントで「寺沢武一に代わり、一部ツイートを削除しました。しばらくの間、本人に代わりアカウントを管理致します」と報告した。
寺沢氏のツイッターでは2日、不謹慎な画像などがアップされ、ネット上で「寺沢武一先生のヤベーツイート流れて来たけど大丈夫かこの人」「寺沢武一さんのスタッフ、誰か止めてあげた方がいいんではないでしょうか」などといった声が上がっていた。

<引用元: 日刊スポーツ>

[adcode]

不適切画像ややり取りのスクショ画像

 

 
不適切画像はすでに削除されており確認はできませんが、次のようなスクショ画像が投稿されています。
 

 


 

 
内容的に、寺沢武一さんが睡眠薬を飲まされて裸の画像を流出させられたように受け取ることが出来ます。
 

 
これに対し、寺沢武一さんも不適切な言動で返していることが確認できます。
 

 
睡眠薬を飲まされたのが事実であれば、事件性があるのかどうかも気になります。
 

広告




 

相手はアシスタント女性?韓国人?

 

 
寺沢武一さんがツイッターに投稿している画像には投稿主の画像が小さく確認できます。
 
髪の長い女性のように見えます(本人かどうかは不明)
 

 
やり取りの中には「せいこ」という女性の名前もあり睡眠薬と関係があるのかは不明です。
 

 
ネット上では、
 


 

 
と、アシスタントの女性や韓国人とするツイートもありますが、スタッフ側からはこれ以上の説明がなく真偽のほどはわかりません。
 

 
突然の不適切画像に戸惑う人の声もあります。
 

 


 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告