大相撲舞鶴場所で場内アナウンスした行司は誰?観客からも信じられない言葉が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本相撲協会が行う、地方巡業で、また不適切な出来事が発生しました。

人命救助を行なっている女性に対して『土俵を降りて』と複数回アナウンスしていたということです。

アナウンスしていたのは誰なのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




舞鶴場所で市長が倒れる

 


問題の出来事は4月4日に京都の舞鶴で行われた、地方巡業・大相撲舞鶴場所でのことです。

 

多々見良三市長が14時ごろに土俵上であいさつに立たことになっていました

挨拶の途中に意識消失し後ろに転倒。

 

目撃情報によれば、観客の女性2人が土俵に上がり心臓マッサージを開始し、その後さらに女性が加わり合計4人の女性が蘇生など救命活動を行なったということです。

その際に場内アナウンスで、

 

「女性の方は土俵から下りてください」

「男性がお上がりください」

 

と、アナウンスしたとのことです。

 


大相撲が国技であり、土俵が神聖な場所であることは分かりますが、人命より大事なものは無いと思うので、このアナウンスは残念を通り越してショックを感じますね。

 

八角理事長は、同日夜に

『行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫(わ)び申し上げます』

 

と、謝罪コメントを発表しています。

 

不適切アナウンスしたのは誰?

 

八角理事長は謝罪コメントの中で、行司が動転して、と説明していますので、アナウンスしていたのは行司であることは間違いありません。

 

行司には

 

1.立行司
  a.木村庄之助(1名)
  b.式守伊之助(1名)
2.三役格行司(3名)
3.幕内格行司(9名)
4.両格行司(7名)
5.幕下格行司(7名)
6.三段目格行司(7名)
7.序二段格行司(6名)
8.序ノロ格行司(4名)

 

と、多くの格付けがあり、土俵上の裁きを行うだけでなく、様々な雑用業務もあります。

 

その中に場内アナウンスもあり、これは地方巡業も同様です。

 

現在の行事一覧はこちらです。

 

式守 伊之助 : 野内 五雄 立行司 宮城野
式守 勘太夫 : 今岡 英樹 三役行司 高田川
木村 玉治郎 :武田 雅史 三役行司 立浪
木村 容堂 :洞澤 裕司 三役行司 九重
木村 庄太郎 :森田 善光 三役行司 春日野
木村 晃之助 : 小島 俊明 幕内行司 九重
木村 寿之介 :波田 寿和 幕内行司 友綱
式守 与之吉 : 菊池 浩 幕内行司 宮城野
木村 元基 : 岡村 浩道 幕内行司 湊
木村 秋治郎 : 中沢 繁広 幕内行司 春日野
式守 錦太夫 : 押田 裕光 幕内行司 二所ノ関
木村 銀治郎 :糸井 紀行 幕内行司 峰崎
木村 要之助 : 奥野 真志 幕内行司 東関
式守 鬼一郎 : 和智 修 十両行司 追手風
木村 朝之助 :石田 勝也 十両行司 高砂
木村 隆男 :重山 慶一郎 十両行司 田子ノ浦
木村 光之助 : 川原 誠 十両行司 峰崎
木村 行宏 :福永 幸敏 十両行司 玉ノ井
式守 慎之助 : 水谷 洋二 十両行司 二所ノ関
木村 吉二郎 :西野 昌宏 十両行司 芝田山
木村 勘九郎 :中村 佳己 十両行司 山響
木村 千鷲 :小林 亮太 十両行司 出羽海
木村 善之輔 : 木村 誠 十両行司 春日野
木村 亮輔 :宮坂 亮輔 幕下行司 八角
木村 秀朗: 森安 朗 幕下行司 千賀ノ浦
式守 一輝 : 笹井 一輝 幕下行司 荒汐
木村 悟志 :前田 悟志 幕下行司 高砂
木村 隆之助 :石丸 悟 幕下行司 田子ノ浦
式守 友和 :新家 宏昌 幕下行司 友綱
式守 輝乃典 :池上 和輝 幕下行司 佐渡ヶ嶽
式守 志豊: 福田 仁志 三段目行司 佐渡ヶ嶽
木村 一馬 : 岡田 一馬 三段目行司 峰崎
木村 昌稔 :宇戸 昌平 三段目行司 千賀ノ浦
木村 錦太郎 : 松永 颯 序二段行司 錦戸
木村 宗一郎 : 堀田 幹杜 序二段行司 山響
式守 正一郎 :福田 陸斗 序二段行司 伊勢ヶ濱
木村 桜乃助 : 栗原 将之介 序二段行司 式秀
式守 誠輔: 齋川 幸志 序ノ口行司 宮城野
式守 辰之助 : 水谷 恵輔 序ノ口行司 高田川
式守 海之助 :齊田 海斗 序ノ口行司 伊勢ノ海
木村 成将 : 田島 成将 序ノ口行司 入間川
式守 友太郎 :松本 海斗 序ノ口行司 友綱
木村 啓太郎 : 秋葉 啓汰 序ノ口行司 武蔵川
木村 龍之助 : 梶田 晴人 序ノ口行司 九重
木村 俊太 :宇津木 俊太 序ノ口行司 錣山

<引用元:日本相撲協会公式サイト>

 

アナウンスしていたのは若手の行司ということですので、比較的格下の行事である可能性がたかそうです。

この中から特定することは困難ですが、上記の表の下部に評価されている行司である可能性はありそうです。

 

 

スポンサーリンク




場内からも信じられない声

 

この不適切なアナウンスに会場からも

 

「何で?」

 

という声が飛び交っていたようですが、

 

「女性が土俵に上がっていいのか?」

 

との声が観客から挙がっていたとの関係者の声もあるようです。

真偽のほどはわかりませんが、本当ならその観客の感覚も疑わしいですね^^;

 

また、舞鶴市の広報担当者は

 

「そういうアナウンスが2、3回あったと伝え聞きました。もともと市長はタフなので、周りの者もびっくりしています」

 

と、やや意味不明なコメントを残しており別の相撲協会関係者は、

 

「女性が応急処置をしている間はそうしたアナウンスは聞いていないとしている。 」

 

と事実相違のコメント。

 

事態収拾後に幹部から

 

「会場の混乱を収めるためだった」

 

と不適切なアナウンスはに対するお詫びもあったようですが会場からは呆れたとも取れる笑いが起こっていたようです。

 

幸いにも市長の容態は良い事が、不幸中の幸いでした。

 

不祥事の連鎖が続く相撲協会。

相撲以外のことに関しては何が大事なのか、一般的な教養を身につける必要がありそうです。

 

 

【追記】


やはり、批判を浴びている相撲協会。

一部の報道では、救命措置後に、土俵上に大量の塩がまかれたことに対して、女性蔑視ではないかとの声も上がりました。

 

確かに、一般感覚ではそう受け取れますね。

しかし、これについては、よくない出来事(市長が倒れたこと)が連鎖しないように塩を撒く風習があるようです。

 

「本場所でも稽古場でもアクシデントがあったときに連鎖を防ぐために塩をまいている。女性だから、というのは強く否定したい」

 

と、決して女性に対しての行為ではないと否定をしています。

 

また、駆けつけた女性は、市長のかかりつけの病院の看護師であったそうで、八角理事長がお礼に伺いたい意向を表明しています。

 

また、1番気になる、アナウンスした行司については会見の中で、幕下や三段目が担当している巡業の放送体制を変える必要があると言及していることから、今回の不適切な場内アナウンスを担当したのは、幕下又は三段目の行司である可能性が濃厚です。

 

上記の一覧でもかなり絞られてきます。

 

再発防止を願いたいものです。

 

 

【追記2】

 

相撲界の今回の女人禁制騒動は世界にまで波紋を広げ、世界が憤慨しているようです。

日馬富士の暴力問題から始まった八角理事長の窮地は今最大の難局といってもいいでしょう。

伝統と伝統よりも大切なことの棲み分けをどうしていくのか。

 

そしてもう一つは、巡業部長の春日野親方がポケットに手を入れて、騒動を花道の奥から傍観していた件も問題となっています。

トイレに行っていて、アナウンスが聞こえていなかったはずな春日野親方らしき画像がツイッターなどで多く公開されており、さらに国民感情を逆撫でしているのです。

 

こうなると、ダメなことは絶対にダメだと、立ち向かって行った貴乃花親方が、理事からも外されてしまった事が悔やまれます。

 

貴乃花親方であれば、今回の騒動も真っ向相撲協会に対して意見したのではないかなと想像します。

 

相撲協会が生まれ変わる日を望むばかりです。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ASARI より:

    テレビでは館内アナウンスしたのはキャリア6年目の22歳の行司
    指示を出したのは40代の行司と言ってましたよ

コメントを残す

*

error: Content is protected !!