【近鉄南大阪線】認知症男性がレールの間から顔を出していた人身事故の水路の場所は?電車に頭だけはねられたか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近鉄南大阪線上ノ太子駅駒ケ谷駅の間で、レールの間から顔を出した男性がはねられる人身事故が発生しました。

認知症の男性がはねられた、水路場所画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




レールの間から顔を出し電車にはねられる

 

認知症男性の痛ましい人身事故が発生しました。

 

男性は線路下の水路に立ち、レールの間から顔を出しているところを電車にはねられたようです。

 

 

2日午後3時半ごろ、大阪府羽曳野市駒ケ谷の近鉄南大阪線上ノ太子-駒ケ谷間で、急行電車と近所に住む無職男性(76)が接触した。男性は現場で死亡が確認された。線路のすぐ下を流れる深さ約1メートルの水路の中に立ち、レールの間から顔を出していた。男性のケアマネジャーによると、認知症を患っていた。

羽曳野署によると、運転士が人に気付いてブレーキをかけたが、間に合わなかったという。男性は1人暮らしで、付近を徘徊することがあった。

近鉄によると、事故で30本が運転を見合わせ、約5千人に影響した。

<引用元:産経ニュース>

 

徘徊歴もあったということで、胸の痛くなるような事故です。

男性もレールから顔を出したときには電車が目前に迫っていたものと思われます。

 

この事故により、ダイヤの乱れも発生していました。

 

 

スポンサーリンク




認知症男性が立っていた水路は?

 

事故が発生したのは上ノ太子-駒ケ谷間とされています。

 

 

具体的な場所は明らかにされていませんので、場所の特定は困難です。

 

しかし、線路沿いを確認すると、下記の場所は線路の下に水路らしき空間を確認することができます。(駒ヶ谷駅ちかくの住宅街)

 

 

この場所も事故現場の可能性はありそうです。

 

 
詳細な場所が分かり次第追記したいと思います。
 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!